「忘却バッテリー」は人気低迷で打ち切り?本当に最終回を迎えたのか解説

「忘却バッテリー」は人気低迷で打ち切り?本当に最終回を迎えたのか解説
漫画がめちゃくちゃ安い!!

6月は漫画超安い

割引対象作品

\70~90%OFFで漫画が買える/

残念ながら期間限定・・・

2024年4月にアニメ化した人気漫画「忘却バッテリー」に、なんと打ち切りに噂が流れています。

発行部数も順調に伸びており、アニメ化もした「忘却バッテリー」。そんな作品が、本当に打ち切りになるのでしょうか。

本記事では、「忘却バッテリー」の連載終了や打ち切り疑惑が出回った理由を詳しく解説していきます。

目次

「忘却バッテリー」作品情報

作品名忘却バッテリー
作者みかわ絵子
連載雑誌少年ジャンプ+
出版社集英社

~作品紹介~

中学球界で名を馳せるも野球から遠ざかっていた天才たちが都立の野球無名高校で偶然集結。完全無欠の剛腕投手・清峰葉流火(きよみねはるか)。その相方(バッテリー)、切れ者捕手の“智将”要圭(記憶喪失により現在、素人!)。そして、かつて2人に敗れ散った者たち…。巡り合い、再び動き出す彼らの高校野球ストーリーがいま始まる!!

「忘却バッテリー」第1巻より引用

『忘却バッテリー』は「みかわ絵子」先生による作品で、2018年4月26日より『少年ジャンプ+』(集英社)で隔週木曜に連載中。

前作『ブタイゼミ』から転じて、より多くの読者を狙い、野球漫画に挑戦。野球の試合観戦は少ないものの、スポーツに興味がない人でも楽しめるように工夫しているようです。

そんな「忘却バッテリー」ですが、実は一度他社での連載企画が通らなかったため、最終的に『少年ジャンプ+』で連載が決定したとのこと。

内容については高校野球の地方予選や夫からの情報、Twitter・YouTubeなどの情報源を活用して描かれており、2020年には『週刊少年ジャンプ』に出張掲載され、単行本7巻の電子書籍版売上が急増。

それもあってか、次にくるマンガ大賞2019年Webマンガ部門で6位を受賞し、『SPY×FAMILY』や『地獄楽』と共に『少年ジャンプ+』の代表的な作品とされています。

「忘却バッテリー」は打ち切りで完結?衝撃の最終回とは

打ち切りの噂が絶えない「忘却バッテリー」ですが、調査したところ現在も連載しているので、打ち切りにはなっていません。

また、2024年4月からアニメ化もしており、順調に発行部数も伸びていることから、今後も打ち切りになる可能性は低いと思われます。

そんな好調な「忘却バッテリー」に、なぜ打ち切りに噂が流れているのでしょうか。次項で詳しく解説していきます。

「忘却バッテリー」の打ち切り説が流れる理由とは?

「忘却バッテリー」が打ち切りになったという噂がネット上で囁かれているようですが、真相はどうなのでしょうか。

結論から言ってしまうと、「忘却バッテリー」は打ち切りになっていませんが、疑惑が出回った理由は、以下の4つが考えられます。

  • 休載が増えてしまった
  • 作者の前作が打ち切りになっていた
  • 検索結果が誤解を招いている
  • 検索予測で「打ち切り」が出る

以下で内容を確認していきましょう!

休載が増えてしまった

「忘却バッテリー」は、2024年4月からアニメ化が放送されていますがアニメ放送が決まったあたりから、休載が増えてしまっていたことが確認できました。

休載タイミングが増えると、そのタイミングで「忘却バッテリー」の連載サイト「少年ジャンプ+」を閲覧した方が「忘却バッテリーって連載終了したの?」と勘違いしてしまうことが多くなります。

その結果、「忘却バッテリー」の打ち切り疑惑として出回ってしまったと考えられます。

ただ、アニメ化が決定した場合、漫画家としての作業以外の業務が激務になると言いますから、ある程度の休載の増加は仕方がないことでしょう。

作者の前作が打ち切りになっていた

「忘却バッテリー」の作者「みかわ絵子」さんの前作「ブタイゼミ」が、打ち切りになってしまった可能性がかなり高いです。

というのも、「ブタイゼミ」は単行本2巻で終了しており、また作者「みかわ絵子」さん本人も、前作が打ち切りになったことをX(旧Twitter)で投稿しています。

作者「みかわ絵子」さんの前作「ブタイゼミ」の打ち切りを理由に、読者が「忘却バッテリーも打ち切りになったらどうしよう」と不安になり、結果的に「忘却バッテリー」の打ち切り疑惑に繋がったのではないでしょうか。

検索結果が誤解を招いている

「忘却バッテリー 打ち切り」で検索すると、「忘却バッテリーが打ち切りになった理由」といったニュアンスの記事が散見しています。

打ち切りを疑っている読者が、その記事タイトルを見てしまうと、「やっぱり忘却バッテリーって打ち切りになったんだ」と、記事タイトルを見ただけで打ち切りを確信してしまう可能性も充分にありえるでしょう。

検索予測で「打ち切り」が出る

「忘却バッテリー」で検索しようとすると、検索予測で「打ち切り」の文字が出てきます。

多くのネットユーザーは、この検索予測をさらに検索することなく、その文字の意味を鵜呑みにしてしまうことが多いため、「忘却バッテリーは打ち切りになっていた」と思い込んでしまった読者が一部いると考えられます。

検索予測の文字の信憑性はかなり低いので、自分自身でしっかり調べることが大切と言えますね。

「忘却バッテリー」の打ち切り説が流れた理由まとめ

  • 休載が増えてしまった
  • 作者の前作が打ち切りになっていた
  • 検索結果が誤解を招いている
  • 検索予測で「打ち切り」が出る
漫画がめちゃくちゃ安い!!

6月は漫画超安い

割引対象作品

\70~90%OFFで漫画が買える/

残念ながら期間限定・・・

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次