漫画「未来日記」の最終回(結末)がひどい!?賛否両論を最後を大公開

漫画「未来日記」の最終回はひどい!?終わり方の賛否両論を大公開

未来日記の最終回がひどいとSNSのコメントで見かけますが、どうひどいのか?気になる人も多いと思うので、本記事では未来日記の最終回について、なぜひどいのかをまとめました。

未来日記がどんな最終回を迎えたのか、なぜひどいと言われているのか?知りたい人は必見です。

漫画がめちゃくちゃ安い!!

人気漫画も全部割引!!

割引対象作品

\70~90%OFFで漫画が買える/

残念ながら期間限定・・・

目次

「未来日記」の作品紹介

作品名未来日記
作者えすのサカエ
巻数全12巻
連載雑誌月間少年エース
連載期間2006年3月号-2011年2月号

中学2年生の天野雪輝は、自らを「傍観者」として日々の出来事を携帯電話の日記に記録している孤独な少年。唯一の友人は空想の人物である時空王「デウス・エクス・マキナ」とその小間使い「ムルムル」。

ある日、雪輝の日記には彼が体験していないはずの未来の出来事が記されるようになり、これが空想のデウスの仕業であることが明らかになります。

未来を知る能力により調子に乗る雪輝ですが、やがて自分を含む12人の「未来日記」の所有者が参加する殺し合いのサバイバルゲームが開かれていることを知ることに。

このゲームは次期時空王を決めるためのもので、彼は1stとして、クラスメイトであり、異常な愛情を持つストーカーでもある我妻由乃(2nd)と共に参加。

そして雪輝と由乃は連続殺人犯である3rd火山高夫を撃退し、予定された死(DEAD END)を回避する。

この奇跡的な出来事により、他の日記所有者から狙われるようになる雪輝は、由乃や他の日記所有者、クラスメイト、警察官西島の協力を得ながら生存と勝利を目指すといった作品です。

「未来日記」の最終回(結末)がひどいと言われる5つの理由

  • ハッピーエンドで終わって良いのか疑問に感じる
  • 雨流みねねの子どもが宙に浮いていたのが謎
  • 雨流みねねと西島真澄が結ばれる理由が分からない
  • 物語の黒幕がかなり意外だった
  • 最終回に向けて面白さが失速している

未来日記がひどいと言われる理由は上記の5つです。

それぞれ解説していきます。

理由①:ハッピーエンドで終わって良いのか疑問に感じる

理由①:ハッピーエンドで終わって良いのか疑問に感じる

原作漫画“未来日記”の最終回では、主人公の天野雪輝とヒロインの我妻由乃が2周目の世界で再会を果たし、二人は手を繋ぎながら3周目の世界に降り立つ…というストーリーで物語の幕を閉じました。

なお、天野雪輝は亡くなってしまった我妻由乃に会いたいという気持ちから前に進めず、2周目の世界に閉じこもっている状態でありました。

そんな中、3周目の世界から我妻由乃が到来し、見事に念願の再会を果たしたことでハッピーエンドを迎えます。

一見、相思相愛である二人が再会を果たしたことによるハッピーエンドに、納得できる読者が多いかと思われました。

しかし、作中では12人による次期時空王の座をかけたサバイバルゲームが繰り広げられており、天野雪輝も我妻由乃も容赦無く人を裏切り、何人もの相手を殺してきました。

そのため、「何人もの人を殺してきた二人がハッピーエンドで終わって良いのか疑問」「二人は罰を受けるべきではないのか」など、結末に対して否定的な声が多数見受けられました。

読者からは「作者は、3周目で幸せになればいいやと丸投げな感じがする」と不満の声もあり、最終回がひどいと言われる大きな理由の一つとなってしまったようです。

理由②:雨流みねねの子どもが宙に浮いていたのが謎

理由②:雨流みねねの子どもが宙に浮いていたのが謎

国際的な女性テロリストである雨流みねねと、警察官である西島真澄は最終回でめでたく結婚をし、二人の間には子どもが二人誕生しましたが、読者が気になったのは、二人の子どもたちが何故か宙に浮いていること。

思わず作者の描き間違えなのかと思う人もいる一方で、時間と空間の神である時空王“デウスの力”なのでは…と感じる人もおり、はっきりと説明がない状態の描写に否定的な声が相次ぎました。

読者の間では、「デウスの力の半分がみねねに入っているからその影響だと思う」という考察をする人もいました。

なお「この世界にはもう一人みねねが存在する」ということもあり、なんだか複雑なストーリーにも「厄介だ」「ややこしい」と言った意見も多数見受けられました。

理由③:雨流みねねと西島真澄が結ばれる理由が分からない

理由③:雨流みねねと西島真澄が結ばれる理由が分からない

最終回では、雨流みねねと西島真澄が結ばれる結末となりましたが、西島真澄は元々同僚である新米女性警察官に対して好意を抱いていました。

しかし、サバイバルゲームの中でその新米女性警察官は雨流みねねに殺されてしまった過去があったのです。

そのため、読者からは「好きな人を殺した犯人を好きになんかなれない」「犯人を好きになるなんて理解できない」などいくら漫画だとはいえ、二人が結ばれる事の理解に苦しむ人が多くいたようです。

作中でも、西島真澄と雨流みねねがお互いのことを好きになるような描写は特に描かれず、「この二人が結ばれる理由が分からない」と否定的な意見が多く見受けられました。

理由④:物語の黒幕がかなり意外だった

理由④:物語の黒幕がかなり意外だった

未来日記の黒幕は、時間と空間の神である時空王“デウス”の小間使いである“ムルムル”でした。ムルムルは、主人公の天野雪輝が空想した架空の存在のはずだったが実在していた小柄な女の子。

読者から「ムルムルが黒幕だったなんて!」「かなり驚いた」など、最後にサプライズ感を味わえたことにプラスの評価を下す人もいました。

しかし、「よく読むと伏線の張り不足で後付けっぽさを感じる」「無理やり感がすごい」など、「そうだったのか!」という感情にはならなかったという声も多くありました。

それぞれのキャラクターの心情を元に伏線を張り、物語を動かしていくのが上手な作者なだけに、残念、がっかりというマイナス意見が多く、ひどいという声へと繋がってしまったようです。

理由⑤:最終回に向けて面白さが失速している

理由⑤:最終回に向けて面白さが失速している

漫画“未来日記”の設定には、「面白い」「次巻が気になる」などプラスなコメントが多く見受けられます。

しかし、全体の中盤くらいまでは面白いという意見が目立つものの、最終回が近づくにあたり面白さが半減している、失速している…などのコメントも多くありました。

「最初の方は設定が好きで楽しかったが、終わり方がイマイチ」「終盤になるにつれて訳が分からなくなってきた」など、序盤が楽しいだけになんだか悔しい漫画…と残念に思う人が多い印象がありました。

期待しながら読み進めたものの、最終的には期待していた以下の結末やストーリーに、「思ってたのと違った」「期待外れ」「ひどい」という声が上がる結果となってしまい、マイナス評価へと繋がってしまっているようでした。

まとめ

本記事では、未来日記の最終回がひどいと言われる理由をまとめました。

結論、ひどいと言われる理由は以下の5つです。

  • ハッピーエンドで終わって良いのか疑問に感じる
  • 雨流みねねの子どもが宙に浮いていたのが謎
  • 雨流みねねと西島真澄が結ばれる理由が分からない
  • 物語の黒幕がかなり意外だった
  • 最終回に向けて面白さが失速している

尚、未来日記のように最終回がひどいと言われる漫画を知りたい方は、以下の記事をどうぞご覧ください。

漫画がめちゃくちゃ安い!!

人気漫画も全部割引!!

割引対象作品

\70~90%OFFで漫画が買える/

残念ながら期間限定・・・

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次