「Gメン」の最終回は打ち切りだった?完結理由を深堀!

映画化にもなった「Gメン」ですが、実は漫画が打ち切りで完結したと言われているます。

いきなり結論を言うと、最終回は打ち切りではありませんでしたが、なぜか打ち切りの噂が流れている状況。

そこで当サイトでは、なぜ「Gメン」が打ち切りしたと言われているのか、理由を調査しました。

結果、理由は3つほどありましたので、気になる人は本記事で解説する「Gメンが打ち切りしたと言われる3つの理由」をどうぞご覧ください。

目次

「Gメン」作品情報

作品名Gメン
作者小沢としお
連載雑誌週刊少年チャンピオン
出版社秋田書店

~作品紹介~

彼女出来る率120%。奇跡のモテモテ男子高に転校してきた門松勝太!だが、勝太のクラスは最下層G組で…!?ヤンキー&キモオタ共と初カノGETに向け突っ走る!!

「Gメン」第1巻より引用


『Gメン』は「小沢としお」先生による漫画で、2014年から2018年まで『週刊少年チャンピオン』で連載され、2023年には実写映画版が公開されました。

物語は門松勝太が主人公で、彼女を作るために噂の私立武華男子高校に転校するも、彼が配属されたG組は「バカ」「オタク」「問題児」の集まるクラスで、制服が異なり女子高生からも避けられるクラスでした。

そんなクラスから、どうやって彼女を作るのか。ヤンキー&キモオタ共と彼女を作るために突っ走るドタバタコメディ漫画です。

「Gメン」が打ち切りと言われる3つの理由

  • ①実写映画の公開が延期になったため
  • ②最終回に向けてのストーリー展開が急だったため
  • ③作者の過去作品が打ち切りとなっているから

噂の理由をまとめると、上記3つとなります。

それぞれ解説していきます。

①実写映画の公開が延期になったため

原作漫画である「Gメン」は、2023年8月25日に岸優太さん主演で実写映画化され、とても話題になりました。

しかし、本来であれば2022年の秋に映画が公開される予定でしたが、“複数人のコロナ感染によるスケジュール調整が必要になったため”、公開時期が延期することとなったのです。

実際に、岸優太さんは2022年1月に新型コロナウイルスに感染してしまっていました。

スケジュールが間に合わずに延期した事実が、「公開が打ち切り」と勘違いしてしまった方が多く、さらに噂が変換され原作漫画である「Gメン」が打ち切りだという誤情報が流れてしまったようです。

実際には打ち切りではなく、しっかりと完結しています。

②最終回に向けてのストーリー展開が急だったため

「Gメン」の単行本は全18巻であり、最終巻となる18巻は2018年5月に発売されGメンの物語は完結しています。

読者からは「最終回に向けてストーリーが急展開だった」と予想外の方向へ物語が進んでいくことに「もしかして打ち切りなの?」と心配の声が多く上がりました。

しかし、実際には打ち切りの事実はなく、作者が初めから予定していた通りの最終回の迎え方だったようです。

とはいえ、物語が急展開だと感じた読者は多く、まるで打ち切りかのように感じてしまった人は少なくはなかったようです。

③作者の過去作品が打ち切りとなっているから

「Gメン」の作者である小沢としお先生は、過去に打ち切りとなってしまった作品がありました。

「777-スリーセブン-」や「ガキ教室」が挙げられます。

過去の作品が「打ち切り」となってしまった事実は消えることはなく、「Gメン」も打ち切りになるのではないかと、不安な声が読者から多く挙げられていました。

よって、読者からの予想の声として、打ち切りの噂が立ってしまっているようでした。

また、前作が打ち切りになっている事実があることで、「Gメン」と検索すると作者である「小沢としお」や「打ち切り」といったワードも検索候補に上がってきます。

そういった部分でも「Gメンは打ち切りなんだ」と勝手な解釈をしてしまう人も多く、誤った情報がだんだんと広まってしまっているようでした。

「Gメン」が打ち切りと言われる3つの理由まとめ

  • ①実写映画の公開が延期になったため
  • ②最終回に向けてのストーリー展開が急だったため
  • ③作者の過去作品が打ち切りとなっているから
漫画がめちゃくちゃ安い!!

人気漫画も全部割引!!

割引対象作品

\70~90%OFFで漫画が買える/

残念ながら期間限定・・・

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次