「鬼滅の刃」の最終回はひどい!?

「鬼滅の刃」の最終回はひどい!?
漫画がめちゃくちゃ安い!!

6月は漫画超安い

割引対象作品

\70~90%OFFで漫画が買える/

残念ながら期間限定・・・

「鬼滅の刃」の最終回について、あなたはどう思いますか?多くのファンがこの終わり方に疑問を抱いており、最終回に関する議論は、ファンの間で今も熱いです。

なぜ最終回は賛否両論を呼んだのでしょうか?この記事では、その理由を詳しく解説しています。

この記事を読むことで、「鬼滅の刃」の最終回に対するあなた自身の見解を深めることができるでしょう。

さあ、あなたもこの議論に参加してみませんか?最終回の真の意味を、一緒に探求しましょう。

漫画がめちゃくちゃ安い!!

6月は漫画超安い

割引対象作品

\70~90%OFFで漫画が買える/

残念ながら期間限定・・・

目次

「鬼滅の刃」の作品紹介

鬼滅の刃
「鬼滅の刃」第1巻より引用

時は大正時代。炭を売る心優しき少年・炭治郎の日常は、家族を鬼に皆殺しにされたことで一変する。唯一生き残ったものの、鬼に変貌した妹・禰豆子を元に戻すため、また家族を殺した鬼を討つため、炭治郎と禰豆子は旅立つ!! 血風剣戟冒険譚、開幕!!

ebookjapanより引用

「鬼滅の刃」は、吾峠呼世晴による日本の漫画で、アニメ化もされています。

物語は、大正時代の日本を舞台に、主人公・炭治郎が家族を鬼に殺された復讐と、唯一生き残った妹・禰豆子を人間に戻すための旅を描いています。

炭治郎は、家族を襲った鬼の首領・鬼舞辻無惨を倒すため、「鬼殺隊」という組織に入隊します。彼は剣術と特殊な呼吸法を学び、多くの鬼との戦いを経験しながら成長していきます。

一方、禰豆子は鬼になりながらも人間の心を保ち、炭治郎の戦いを支えます。物語は、炭治郎と仲間たちの絆、困難を乗り越える強さ、そして家族の愛を描いており、多くの感動的なシーンがあります。

最終的には、炭治郎たちが無惨との壮絶な戦いを繰り広げ、多くの犠牲を払いながらも、平和な世界を取り戻すことに成功します。

鬼滅の刃のワンシーン
「鬼滅の刃」第1巻より引用 ©吾峠呼世晴/集英社
読んだ感想

この作品でちょっと残念に感じたところは漫画の作画がストーリー負けしている感じがしたところです。だから、漫画よりもアニメで見た方が作品の良さが伝わる感じがしました。

ストーリーは炭治郎と禰豆子の兄弟愛が凄く良かったです。

鬼である敵キャラにもきちんと過去があって、炭治郎が真っすぐに向き合って倒していくのが良いですね。

もう少し禰豆子が活躍するシーンが多い方が嬉しかったり、自分的には期待外れな部分のある作品でもありました。

「鬼滅の刃」の最終回はどんな話?

最終回では、主人公の炭治郎とその仲間たちは、鬼舞辻無惨との壮絶な戦いを繰り広げます。この戦いは、炭治郎の強い意志と仲間たちの絆の力を示すものでした。

戦いの中で、多くの仲間が犠牲になりますが、最終的には炭治郎たちが勝利を収めます。炭治郎は一時的に鬼に変貌しますが、彼の人間性と強い意志が彼を救い、再び人間に戻ります。この過程で、彼は自身の内面と向き合い、成長を遂げました。

そして無惨が倒されたことで、長い間続いた人間と鬼の戦いは終結します。物語は、炭治郎と彼の仲間たちが平和な日常に戻ることで締めくくられ、彼らの勇気と犠牲が、後世に語り継がれることになります。

最終回のエピローグでは、現代の東京が描かれ、炭治郎たちの子孫が普通の生活を送っている様子が示されます。これは、彼らの戦いが未来の平和をもたらしたことを象徴しているのでしょう。

この物語は、家族の絆、友情、そして自己犠牲の重要性を強調し、多くの読者に感動を与えました。

「鬼滅の刃」の最終回がひどいと言われる7つの理由

  • 強引に終わらせた感がある
  • キャラクターの扱いと死
  • 炭治郎の鬼化と回復
  • エピローグの現代設定
  • 期待の高さとその影響
  • 物語のテーマとメッセージ
  • 未解決の謎

「鬼滅の刃」の最終回に対する否定的な意見は、ファンや批評家の間で様々ですが、主に上記の点で集約されます。

これらの意見は、作品の人気と影響力の大きさを反映しており、物語の終わり方に対する高い期待から来るものです。

それぞれ詳しく説明します。

強引に終わらせた感がある

強引に終わらせた感がある

「鬼滅の刃」は、その緻密な世界観とキャラクターの深い背景描写で知られています。

しかし、最終章において、物語の展開が急激に進行し、多くのプロットが急ピッチで解決されたと感じる読者がいます。

特に、鬼舞辻無惨との最終戦は、多くの重要な出来事が短期間に凝縮されているため、一部のファンからは物語の自然な流れが失われたとの声が上がっています。

キャラクターの扱いと死

キャラクターの扱いと死

物語の中で、多くの重要なキャラクターが命を落とします。

これらの死は、物語の重要な転換点となる一方で、一部のファンからはこれらのキャラクターが十分なスポットライトを浴びることなく退場したと感じられました。

特に、柱たちの死に対しては、彼らの背景や成長がもっと掘り下げられるべきだったという意見があります。

炭治郎の鬼化と回復

炭治郎の鬼化と回復

物語のクライマックスで、主人公の炭治郎が鬼に変貌し、その後奇跡的に人間に戻る展開は、物語の中でも特に議論を呼びました。

この展開は、一部の読者にとっては感動的で意味深いものでしたが、他の読者には強引で予測可能な展開と映りました。

炭治郎の鬼化と回復は、物語のテーマに合致しているとはいえ、その処理の仕方には賛否両論があります。

エピローグの現代設定

エピローグの現代設定

物語の最後に、炭治郎たちの子孫が現代の東京で生活している様子が描かれます。

このエピローグは、物語の永続性とキャラクターたちの遺産を象徴しているとも取れますが、一部のファンには時代背景の変更が唐突で、物語のトーンから外れていると感じられました。

また、過去のキャラクターたちと現代のキャラクターたちの関連性が明確でないため、物語の締めくくりとしての満足感に欠けるという意見もあります。

期待の高さとその影響

期待の高さとその影響

「鬼滅の刃」は、その連載期間中に著しく人気を博し、多くのファンが最終回に高い期待を寄せていました。

このような状況では、どのような結末であっても、全てのファンの期待を満たすことは非常に困難です。

結果として、最終回に対する評価は分かれることとなり、一部のファンは自分たちの期待していた結末と異なるために失望感を覚えた可能性があります。

物語のテーマとメッセージ

物語のテーマとメッセージ

一部のファンは、最終回が物語全体を通じて提示されてきたテーマやメッセージと整合性を欠いていると感じました。

例えば、家族の絆や自己犠牲の重要性などのテーマが、最終回で十分に反映されていないという意見があります。

また、最終回におけるいくつかのキャラクターの行動や決断が、物語の初期に描かれた彼らの性格や信念と矛盾していると感じる読者もいます。

未解決の謎

未解決の謎

物語の中で提示されたいくつかの謎(炭治郎の家がなぜ狙われたのか?など)が、最終回で明確に解決されなかったという意見もあります。

これには、特定のキャラクターの過去や動機の詳細、あるいは物語の世界における特定の要素の詳細な説明が含まれます。

これらの未解決の謎が、物語の完結感を損なっていると感じるファンもいるのです。

まとめ:「鬼滅の刃」の最終回は賛否両論ある

「鬼滅の刃」の最終回に対する賛否両論は、永遠に解決しない論争になります。

結局、物語を見てどう思うかは、その人次第。「鬼滅の刃」の最終回に対してどう思うかは、あなたの自由です。

まだ読んだことのない人は、一度読んでみてはいかがでしょうか。

尚、鬼滅の刃のように最終回がひどいと言われる漫画を知りたい方は、以下の記事をどうぞご覧ください。

漫画がめちゃくちゃ安い!!

6月は漫画超安い

割引対象作品

\70~90%OFFで漫画が買える/

残念ながら期間限定・・・

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次