「あかね噺」は打ち切りで最終回(完結)を迎えた?噂が流れる衝撃の理由とは

「あかね噺」は打ち切りで最終回(完結)を迎えた?噂が流れる衝撃の理由とは

週刊少年ジャンプで連載中の「あかね噺」ですが、連載2年目にして打ち切りの噂が流れているようです。

連載当初は話題になりましたが、今では人気は低迷してしまったのでしょうか・・・「あかね噺」打ち切りの真相に、本記事は迫ります。

目次

「あかね噺」作品情報

作品名あかね噺
作者原作:末永裕樹
作画:馬上鷹将
連載雑誌週刊少年ジャンプ
出版社集英社

~作品紹介~

幼い頃、父の魔法の様な落語に魅せられた朱音は、父のある一席を機に自身も噺家としての道を歩み始める。17歳になった朱音が目指すのは落語界の最高位「真打」になること――。一流の技量を習得するため、様々な試練が朱音を待ち受け…!?新生落語ヒロイン、ここに誕生!!

「あかね噺」第1巻より引用

『あかね噺』は、末永裕樹原作、馬上鷹将作画による漫画で、『週刊少年ジャンプ』にて2022年11号から連載中。物語は、落語家の父を尊敬する少女が「真打」になるべく奮闘する女性落語家を描いています。

連載開始を記念してPVが公開され、2022年6月には単行本第1巻の発売を記念したボイスコミックもYouTubeで公開されました。

そして落語監修は落語家の林家けい木が担当しており、彼が週刊少年ジャンプ編集部からの依頼で落語解説を行った縁で本作の監修を任され、原作者の末永は本作を『演技論を中心としたバトル漫画』と位置付けているようです。

「あかね噺」は打ち切りで最終回(完結)を迎えた?噂が流れる衝撃の理由とは

「あかね噺」は打ち切りで最終回(完結)を迎えた?噂が流れる衝撃の理由とは
  • 検索結果がややこしい
  • 過去作品の打ち切り疑惑が濃厚
  • 知恵袋で質問がたくさんある
  • 検索予測に「あかね噺 打ち切り」が出る

「あかね噺」の連載終了や打ち切り疑惑が出回っている理由は、上記4つが挙げられます。

それでは、以下で内容を詳しく解説していきますね!

検索結果がややこしい

検索結果がややこしい

ネット上で「あかね噺 打ち切り」で検索すると、まるで本当に「あかね噺」が打ち切りになってしまうようなタイトルの記事が多くヒットします。

それらの記事内容をしっかり見れば打ち切りになっていないことが分かるのですが、ネットユーザーの中には「あかね噺 打ち切り」で検索したものの、記事タイトルを見ただけで記事内容まで確認しない方もいます。

つまり、記事タイトルを見ただけで判断してしまったネットユーザーが、「あかね噺」の打ち切り説を拡散してしまったのではないでしょうか。

過去作品の打ち切り疑惑が濃厚

過去作品の打ち切り疑惑が濃厚

「あかね噺」の作画担当者である「馬上鷹将」さんの過去作品「オレゴラッソ」が打ち切りになっていた可能性が高いです。

過去作品が打ち切りになっていたとなると、「あかね噺」の読者の間で「あかね噺も同じように打ち切りになるのでは」といった不安の声が上がるので、それが打ち切り説に繋がった可能性が高いです。

確かに「オレゴラッソ」は連載当初から人気を着実に集めていましたし、これからってところで急に連載終了を迎えてしまったので、「あかね噺」の人気が高いからといって安心できない読者の気持ちも理解できます。

知恵袋で質問がたくさんある

知恵袋で質問がたくさんある

知恵袋で、「あかね噺」の打ち切りを心配する質問がたくさん上がっていることが確認できました。

これは、上記で紹介しているような様々な理由で「あかね噺」の打ち切り疑惑が上がっているために、「あかね噺」の打ち切り疑惑の真相を知ろうと質問している方が多くいるということです。

また、「あかね噺 打ち切り」で検索した時に、これらの質問が上位でヒットすることも、打ち切り疑惑を根強くしてしまっている要因でしょう。

検索予測に「あかね噺 打ち切り」が出る

検索予測に「あかね噺 打ち切り」が出る

ネット上で「あかね噺」で検索しようとすると、検索予測に「打ち切り」の文字が表示されます。

ネットユーザーの多くは、検索予測の文字の意味を真に受けてしまいがちなので、多くの方が「あかね噺」が打ち切りになったと勘違いしてしまっていると考えられます。

まとめ

「あかね噺」打ち切り説の理由

  • 検索結果がややこしい
  • 過去作品の打ち切り疑惑が濃厚
  • 知恵袋で質問がたくさんある
  • 検索予測に「あかね噺 打ち切り」が出る
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次