「ガチアクタ」の打ち切り最終回(完結)の真相とは!噂が流れる理由3選

「ガチアクタ」の打ち切り最終回(完結)の真相とは!噂が流れる理由3選

週刊少年マガジンで連載の「ガチアクタ」。「次にくるマンガ大賞2022」コミックス部門でGlobal特別賞を受賞するなどの成績を残しているのですが・・・

なにやら打ち切りの噂が流れているようで、真相を確かめるべく調査しました。結果を本記事でまとめていますので、「ガチアクタ」の打ち切りの真相が知りたい方は必見です。

目次

「ガチアクタ」作品情報

作品名ガチアクタ
作者著:裏那圭
その他:晏童秀吉
連載雑誌週刊少年マガジン
出版社講談社

~作品紹介~

犯罪者の子孫たちが集められたスラム街で、差別を受けながらもゴミを拾って暮らすルド。だがある日、身に覚えのない罪を着せられ、誰もが恐れる「奈落」へと落とされてしまう。奈落で「掃除屋」のエンジンと出会ったルドは世界の真実を垣間見、物に命を与え力を引き出す能力を発現させる。すべては「クソみたいな世界」を変えるために――!!世界がどれだけ強くても自分の価値を他人にだけは決めさせない。敵は「常識」「権力」「差別偏見」超絶怒濤のバトルアクション開幕!

「ガチアクタ」第1巻より引用

「ガチアクタ」は、裏那圭先生の初連載作品。『週刊少年マガジン』で2022年第12号から連載を開始し、「次にくるマンガ大賞2022」コミックス部門でGlobal特別賞を受賞しました。

「ガチアクタ」の打ち切り最終回(完結)の真相とは!噂が流れる理由3選

「ガチアクタ」の打ち切り最終回(完結)の真相とは!噂が流れる理由3選
  • 休載が時々ある
  • 作者がX(旧Twitter)で炎上していた
  • 検索予測で「ガチアクタ 打ち切り」が出る

「ガチアクタ」が連載終了や打ち切りしたと言われる理由は、上記の3つが考えられます。

では、以下で内容を詳しく見ていきましょう!

休載が時々ある

休載が時々ある

「ガチアクタ」は、「週刊少年マガジン」にて連載されていますが、時々休載を挟むことがあります。

つまり、「ガチアクタ」が休載しているタイミングで「週刊少年マガジン」を購入した方が「ガチアクタって連載終了したの?打ち切り?」と勘違いしてしまったのかもしれません。

ただ、どの連載漫画でもほぼ100%の確率で休載はあるものですし、作者も人間なので休息も必要です。

時々休載しただけで、連載終了や打ち切り疑惑などが出てしまう漫画家は、本当に大変なお仕事ですね。

作者がX(旧Twitter)で炎上していた

作者がX(旧Twitter)で炎上していた

「ガチアクタ」のグラフィティデザイン担当の「晏童秀吉」さんが、X(旧Twitter)のアカウントで炎上していたことが確認できました。

「晏童秀吉」さんは、某漫画が「ガチアクタ」の設定をパクっていると批判したいかのような投稿をX(Twitter)に更新してしまい、「今時、そんな設定の漫画いくらでもある」「そんなことでその投稿は子どもがすること」といった読者からの厳しい声が上がってしまいました。

その結果、この炎上内容を過剰にして取り上げた投稿や記事がネット上で量産されてしまい、「ガチアクタ」が打ち切りになったと勘違いする方が出てきてしまった可能性があります。

検索予測で「ガチアクタ 打ち切り」が出る

検索予測で「ガチアクタ 打ち切り」が出る

ネット上で「ガチアクタ」で検索しようとすると、検索予測で「打ち切り」が出てきます。

これは、先ほど紹介したような様々な理由で「ガチアクタ」の打ち切り説が浮上しているために、多くの方が「ガチアクタ」の打ち切り説の真相を調べようとしている証拠です。

また、多くの方が「ガチアクタ」の打ち切り説を疑っているということは、打ち切りになっている可能性が高いと考える方も多いはずです。

不意に検索予測に出てきた「打ち切り」をさらに調べる方も少数派かと思いますし、打ち切りになったと思い込んでいる方もたくさんいるでしょう。

まとめ

「ガチアクタ」打ち切り説の理由

  • 休載が時々ある
  • 作者がX(旧Twitter)で炎上していた
  • 検索予測で「ガチアクタ 打ち切り」が出る
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次