寄生獣の実写映画はひどい!総合評価まとめ

寄生獣の実写映画はひどい!総合評価まとめ

寄生獣の実写はひどい!とよく言われていますが、実際のところはどうなのか?本記事では徹底的に評価していきます。

寄生獣の実写版を見ようか悩んでいる人は必見です。

目次

寄生獣の実写映画情報

~あらすじ~

世界にマンガを知らしめた伝説の大傑作が、ついに映画化。人間に寄生し、擬態し、捕食する新種の寄生生物「パラサイト」が出現。高校生・泉新一は、ある日右手をパラサイトに喰われ、寄生されてしまう。そのパラサイトはミギーと名乗り、急速に人間の文化や言語を習得していった。奇妙な共同生活をスタートした彼らだったが、街中に潜み人間を喰らうパラサイトたちが日常を侵食するにつれ、過酷な戦いに身を投じる事になるのだった。

「Amazonプライムより引用」
原作岩明均
監督山崎貴
脚本古沢良太、山崎貴
主題歌「パレード」BUMP OF CHICKEN
キャラクターキャスト
泉新一染谷将太
田宮良子深津絵里
ミギー阿部サダヲ
村野里美橋本愛
島田秀雄東出昌大
草野岩井秀人
辻刑事山中崇
中華料理人店の主人オクイシュージ
A池内万作
山岸豊原功補
倉森大森南朋
広川剛志北村一輝
泉信子余貴美子
平間警部補國村隼
後藤浅野忠信

寄生獣の実写映画はひどい?総合評価

寄生獣の実写映画はひどい?総合評価

Amazonプライムの寄生獣実写評価は、186件のグローバルレーティングで星3.7でした。

細かい内訳は下記のとおりで、星4つがもっとも多い結果となっています。

星5つ32%
星4つ33%
星3つ14%
星2つ9%
星1つ11%

また、星4つ以上が65%で星3つ以下は34%であることから、寄生獣の実写映画は高評価であると言えるでしょう。

尚、寄生獣の実写版を実際に視聴した人の感想を、評価ごとで下記にまとめます。

寄生獣の実写映画はひどい?星5を付けた人の感想

原作は大傑作。私的にも何度読んだかわからないくらい、超好き。なので期待半分、裏切られるかな?の半分で見始めましたが、ぐんぐん引きこまれた。主演の染谷将太クンの変化していく様が素晴らしい。

Amazonプライムより引用

寄生獣の実写映画はひどい?星4を付けた人の感想

本作はなかなか良く出来ていると思う。高度な知能を有する地球外生命体がやってきて、人間を乗っ取るという発想は平凡だが、宿主の人間と共存し、協力し合うという点は面白い。邦画にしては、VFSが良く出来ていて、違和感を感じない。

Amazonプライムより引用

寄生獣の実写映画はひどい?星3を付けた人の感想

原作を見た時は、パッケージだけの印象からどーせ大した内容じゃない化け物系だろうという先入観から嫌厭してましたが、暇潰しにたまたま見たらとても面白く、ストーリーも凝っていて、残忍さと切なさを併せ持ちながら、命とは人間の傲慢さとはなどを考えさせられる素晴らしい作品で、一気にラストまで見てしまいました。

Amazonプライムより引用

寄生獣の実写映画はひどい?星2を付けた人の感想

原作が非常に素晴らしい作品で、映像化する(しかも2時間×2作品で)のは難しいのは分かるけど、原作の魅力の半分も伝わらない作品だと思う。自慢のCGも最初の幼虫の動きが違和感ありまくり。寄生後のCGは良くできていた。

Amazonプライムより引用

寄生獣の実写映画はひどい?星1を付けた人の感想

ダイジェスト版かと思うぐらい間もなくサクサクお話だけ進んでいきますね。原作をリスペクトする作りではなく山崎監督のしたいように作り自分の色に染めてしまっているので原作を読み返しているような寄生獣ファンには違和感しかないと思います。ですがCGもあることからディズニー作品と思えば楽しめます。

Amazonプライムより引用

寄生獣の実写映画がひどいと言われる理由

  • ホラー映画なのに恐怖感がない
  • ミギーの声がひどい
  • 原作とは別物
  • 主演キャストの演技力不足
  • 戦闘シーンの迫力のなさ

寄生獣がひどいと言われる理由は上記の5つです。

それぞれ解説していきます。

ひどいと言われる理由①:ホラー映画なのに恐怖感がない

寄生獣のジャンルはSF、スリラー、ホラー、青年漫画となっています。

原作では、寄生獣に侵食されていく人間の恐怖が全編を通して感じられ、その恐怖心は“寄生獣”の重要な見どころとも言えるポイントとなります。

しかし、実写映画ではそもそも主人公である高校生の「泉新一の右手に寄生獣が侵食するシーンが描写されていない」「主人公と寄生獣が共存し侵されていくイントロの象徴的なシーンがない?」など、この恐怖から全てが始まるという重要な部分が描写されていません。

本来であれば、日常生活の中で突然寄生獣が現れ、自分の体に寄生したとなればいてもたってもいられず、恐怖心が収まらないはず…。

侵食されるまでのストーリーが描写されていないことによって「恐怖心が全く感じられない」「ホラー映画には思えない」「ただ寄生されて共存しているだけ」などの声が多く上がり、ひどいといった声へと繋がってしまったようです。

ひどいと言われる理由②:ミギーの声がひどい

主人公である泉新一の右手に侵食した「ミギー」。

ミギーは感情が乏しく冷静で哲学的、判断を誤ることもないキャラクターとして原作では描かれています。

実写版寄生獣でミギーの声を演じたのは、俳優の阿部サダヲさん。

阿部サダヲさんが演じたミギーは、「感情的になっている」「本来のミギーとは真逆なキャスティング」「ミギーの声を聞いた瞬間にがっかりした」という声が非常に多く、原作ファンにとっては違和感や不満を感じる人が多かったようです。

また、泉新一とミギーの友情もテーマの一つとなっていることから、ミギー役は高校生である泉新一と同年代の俳優や声優である方が合っているのでは…という声も囁かれていました。

ひどいと言われる理由③:原作とは別物

原作ファンからは「原作とは大きな違いがあり、それが良い表現にはなっておらずに残念な仕上がりになっている」「監督や出演者は原作を読んでいないのでは…」などと原作の改悪にがっかり、残念に感じる人が多かったようです。

中でも、「泉新一の成長や変化の表現が足りないこと」「泉新一とミギーのやりとりや感情と現実の対比が物足りないこと」「平間刑事が切れ者というより胡散臭い親父になっている」などが挙がっていました。

原作の寄生獣には熱狂的なファンも多いことが故に、原作との異なる設定に不満を抱く人も多く、マイナスな評価へと繋がってしまったようです。

なお「原作の心に残っている名シーンが一つも再現されていない」「オリジナリティを出そうとして意味のない改変を重ねて別物になってしまっている…」という声も見受けられました。

ひどいと言われる理由④:主演キャストの演技力不足

原作の主人公である泉新一は細マッチョ体型でありながらシャープな顔立ちに対して、実写版で主人公を演じたのは染谷将太さん。

染谷将太さんは、どちらかと言えば丸顔であり、体型がガッチリしている印象もありません。

そのため、「泉新一っぽくない」「雰囲気が違う」「見た目が正反対だと思う」といった声が多く見受けられました。

また、原作では活発で明るい性格であり、ピンチには男気溢れるキャラクターとして描かれているものの、実写版では臆病で暗くてダメ男…魅力が全く感じられないといった辛口なコメントも多々ありました。

さらに、染谷将太さんの滑舌が気になる人も多く「声優にアテレコをしてもらった方が良かったのでは…」という厳しい声も囁かれており、ひどいといったマイナスな評価に繋がってしまいました。

ひどいと言われる理由⑤:戦闘シーンの迫力のなさ

寄生獣は所々で戦闘シーンがあり、CGも組み込まれながら人間とパラサイトが戦う様子が描写されています。

特に最後の戦闘シーンでは、「あまりにも勢いがなく釜の当たり方も不自然」「死に物狂いなのにそんなにぬるくて良いのか…」など、本作の見せ場でもあるシーンに迫力がないことで期待外れだったという声が多く見受けられました。

「グロいシーンを見ているだけ」「ただ最新のCG合成技術を使いたかっただけ…」といった厳しい意見も…。

また、原作ファンからは、グロいシーンがどのくらい再現されるのだろうかと期待している人も多く、実際に“PG12(12歳未満の観賞は不可)”となっていることから更に期待の声は高まりました。

それだけ期待値が高かっただけに、見せ場である戦闘シーンの迫力のなさにがっかりした、これはひどいといった声が多くあがってしまい、残念な結果に繋がってしまったようです。

まとめ:寄生獣の実写映画はひどい

本記事では寄生獣の実写がひどいと言われる理由について解説しました。

結論、ひどいと言われる理由は下記のとおり。

  • ホラー映画なのに恐怖感がない
  • ミギーの声がひどい
  • 原作とは別物
  • 主演キャストの演技力不足
  • 戦闘シーンの迫力のなさ
漫画がめちゃくちゃ安い!!

人気漫画も全部割引!!

割引対象作品

\70~90%OFFで漫画が買える/

残念ながら期間限定・・・

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次