オレンジの実写映画はひどい!総合評価まとめ

オレンジの実写映画はひどい!総合評価まとめ

オレンジの実写はひどい!とよく言われていますが、実際のところはどうなのか?本記事では徹底的に評価していきます。

オレンジの実写版を見ようか悩んでいる人は必見です。

映画が無料!!

目次

オレンジの実写映画情報

~あらすじ~

高校2年生の春、菜穂に届いた手紙。それは10年後の自分からのものだった。 書かれていたのは、転校生の翔(かける)を好きになること。翔が1年後には死んでしまっていること。そしてその未来を変えるためにやるべきこと。 初めはイタズラかと思っていた菜穂だったが、書かれていることが次々と起こっていく。なぜ翔を失ってしまったのか?10年後の自分と同じ後悔を繰り返さないためにはどうすればいいのか? 運命を変えるべく、菜穂は動き出す。その先にある、暖かくも切ない<結末>とは―?

「Amazonプライムより引用」
原作高野苺
監督橋本光二郎
脚本金子ありさ
主題歌「未来」コブクロ
キャラクターキャスト
高宮菜穂土屋太鳳
成瀬翔山崎賢人
須和弘人竜星涼
茅野貴子山崎紘菜
萩田朔桜田通
村坂あずさ清水くるみ
中野幸路鶴見辰吾
上田莉緒真野恵里菜
成瀬美由紀森口瑤子
成瀬初乃草村礼子
「オレンジ」が無料!!

オレンジの実写映画はひどい?総合評価

オレンジの実写映画はひどい?総合評価

Amazonプライムのオレンジ実写評価は、156件のグローバルレーティングで星3.9でした。

細かい内訳は下記のとおりで、星5つがもっとも多い結果となっています。

星5つ54%
星4つ14%
星3つ11%
星2つ3%
星1つ9%

また、星4つ以上が68%で星3つ以下は23%であることから、オレンジの実写映画は高評価であると言えるでしょう。

尚、オレンジの実写版を実際に視聴した人の感想を、評価ごとで下記にまとめます。

オレンジの実写映画はひどい?星5を付けた人の感想

純粋に良い映画でした。今を大切に生きよう、そう思わせてくれる映画でした。自然に涙が出ました。ありがとう。

Amazonプライムより引用

オレンジの実写映画はひどい?星4を付けた人の感想

登場人物、みんな若いけどうまいなと思ったし、ストーリーはあり得ないけれどこんなことあったらいいなといういい設定。ハッピーエンドなのも良かった。竜星涼くんもとても素敵だったな。こんな友達が実際にいる人は羨ましいなぁ。

Amazonプライムより引用

オレンジの実写映画はひどい?星3を付けた人の感想

山崎賢人くんと土屋太鳳ちゃんのファンなら楽しめる内容かなと思います。基本的にはティーン向けに作られていると思うのでこれぐらいの緩いストーリーでいいとは思いますが、面白みや感動は特にないですね。まあ期待せずに気楽にみるぶんにはまあまあよいかなと。

Amazonプライムより引用

オレンジの実写映画はひどい?星2を付けた人の感想

みんなの友情が醸し出す物語だと思いますが、それらが省かれていて話としてはただの恋愛ものです。舞台が地元だったので実写見ましたが、ほぼ写ってないです、期待してる方にはお勧めしません。

Amazonプライムより引用

オレンジの実写映画はひどい?星1を付けた人の感想

漫画、アニメと違いおもしろく見れなかった アニメから実写はやはり似合わない。

Amazonプライムより引用

オレンジの実写映画がひどいと言われる理由

  • ひどいと言われる理由①:原作が良すぎるが故に比較してしまう
  • ひどいと言われる理由②:土屋太鳳の演技がひどい
  • ひどいと言われる理由③:高校生役には見えないキャスティング
  • ひどいと言われる理由④:そもそも内容に共感できない
  • ひどいと言われる理由⑤:結末がスッキリしない

オレンジがひどいと言われる理由は上記の5つです。

それぞれ解説していきます。

オレンジの実写映画がひどいと言われる理由①:原作が良すぎるが故に比較してしまう

オレンジの原作漫画は日本国内に限らず、世界9カ国で翻訳出版もされているほど、とても人気のある漫画であり、昔ながらの原作ファンも非常に多くいます。

そんな超人気漫画が実写化するということにおいて、原作ファンからはイメージを壊されたくないといったことから、実写化に反対する声も多い傾向にありました。

実際に実写化した際には、「原作が良すぎたが故に、描ききれていない部分が多く残念」「この漫画には時間の都合で切り捨てていい場面など一切ない」といった声が上がっていたようです。

要するに、実写化することで一つの漫画を2時間ほどの映像にまとめるというのは、原作の良さを伝えきることができないと痛感する原作ファンは多く「残念」「ひどい」「がっかりした」などのマイナスな意見へと繋がってしまいました。

原作を愛する人が多いがために、短縮された内容になってしまったことでひどいと感じてしまう人が多かったようです。

オレンジの実写映画がひどいと言われる理由②:土屋太鳳の演技がひどい

主人公の高宮菜穂役を演じた土屋太鳳さんの演技について、マイナスな意見が多く上がっています。

原作に寄せようと役作りの一つとして、声色と変えているように感じるものの「わざと弱々しく喋っている感じが何か違う」「声がとにかくぶりっこ過ぎて内容が入ってこない」といった意見が多く、逆効果となってしまったようです。

中でも成瀬翔を呼ぶ時の「かけるっ!」という言い方が鼻につく…と言った声が非常に多く、名前を呼びかける時の言い方や表情がワンパターンだという指摘も多数上がっていました。

また、原作と土屋太鳳さんの役のイメージが違いすぎるといった声もあり、土屋太鳳さんのキャスティングや演技が、ひどいと言われる理由の一つとなってしまったようです。

さらに、このキャラ設定でGOサインを出した監督が悪い、といった声もあり、演技指導にも力を入れて欲しかったというコメントも見受けられました。

オレンジの実写映画がひどいと言われる理由③:高校生役には見えないキャスティング

オレンジの原作での設定は高校2年生となっており、さらに10年後の自分から手紙が届くといった長い年月が描写されています。

当時実写映画が公開された時の土屋太鳳さんは20歳、山崎賢人さんは21歳、竜星涼さんは22歳でした。

本来の高校2年生は16~17歳であるものの、20歳を越えた役者のキャスティングに「高校生には見えない」「衣装がコスプレのように見えてしまう」と言った声が多く上がってしまいました。

キャスト全員が年相応の20代前半に見えるために、違和感がある、不自然だったという声が多く、キャスティングに不満を抱く人は多い傾向にあり、ひどいと言われる結果となってしまいました。

オレンジの実写映画がひどいと言われる理由④:そもそも内容に共感できない

オレンジは、10年後の自分から未来を変えるためにやるべきことが書かれている手紙が送られてきて、10年後の自分と同じ後悔を繰り返さないために行動をしていくお話です。

なお、10年後には主人公である土屋太鳳さん演じる高宮菜穂とクラスメイトの竜星涼さん演じる須和弘人が結婚し子どもも授かっている状況にあります。

しかしながら、過去を変えるとなると二人は結ばれない可能性や子どももいない世界になっている可能性もあります。

それなのにも関わらず、一人の転校生である山崎賢人さん演じる成瀬翔を救うために、現在の人生を犠牲にしてまでも奮闘するストーリーに、視聴者は共感できないと不満に感じる人も多かったようです。

よって、竜星涼さん演じる須和弘人を「可哀想」だという声が多く、主人公の行動に批判する声が殺到してしまいました。

パラレルワールドとはいえ、現在の家族への愛情よりも過去の友情を選択する主人公の考えに、「ありえない」「ひどい」と言った声が多く集まってしまいました。

オレンジの実写映画がひどいと言われる理由⑤:結末がスッキリしない

期待を持たせた割に最後がハッキリしておらず、「スッキリしなかった」「結局どうなったの?」といった戸惑いの声も多く囁かれていました。

内容として山崎賢人さん演じる成瀬翔が亡くなってしまう未来を変えるために、未来から送られてきた手紙を元に主人公の土屋太鳳さん演じる高宮菜穂が行動をしていくものの、結果として10年後の彼女たちの中に成瀬翔はいませんでした。

そのため「翔はどこに行ってしまったのか」「未来は変わらないってこと?」など終わり方が不透明であることに納得できない人も多く、ひどいと感じる人も多い傾向にあったようです。

まとめ:オレンジの実写映画はひどい

本記事ではオレンジの実写映画がひどいと言われる理由について解説しました。

結論、ひどいと言われる理由は下記のとおり。

  • ひどいと言われる理由①:原作が良すぎるが故に比較してしまう
  • ひどいと言われる理由②:土屋太鳳の演技がひどい
  • ひどいと言われる理由③:高校生役には見えないキャスティング
  • ひどいと言われる理由④:そもそも内容に共感できない
  • ひどいと言われる理由⑤:結末がスッキリしない
漫画がめちゃくちゃ安い!!

人気漫画も全部割引!!

割引対象作品

\70~90%OFFで漫画が買える/

残念ながら期間限定・・・

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次