地獄少女の実写映画はひどい!総合評価まとめ

地獄少女の実写映画はひどい!総合評価まとめ

地獄少女の実写はひどい!とよく言われていますが、実際のところはどうなのか?本記事では徹底的に評価していきます。

地獄少女の実写版を見ようか悩んでいる人は必見です。

映画が無料!!

目次

地獄少女の実写映画情報

~あらすじ~

午前0時に出現し、そこに書き込んだ人物の怨みを晴らしてくれるというサイト〈地獄通信〉の都市伝説に沸く女子高生たち、そのグループになじめず、浮かない表情を浮かべる、市川美保(森七菜)。大好きなアーティスト、魔鬼(マキ・藤田富)のライブで知り合った南條遥(仁村紗和)の奔放さに魅了された美保は、居場所のない教室から逃げるように、一緒に魔鬼のコーラスのオーディションを受ける。だが、受かったのは遥だけだった。やがて遥は美保に冷たくなり、様子がおかしくなっていく。心配した美保は、魔鬼が遥を<儀式>の生贄にしようとしていることを知る。遥を奪い、その命までも奪おうとする魔鬼を地獄送りにするため、美保は〈地獄通信〉にアクセスするが─。

「Amazonプライムより引用」
原作わたなべひろし
監督白石晃士
脚本白石晃士
主題歌「Figure」GIRLFRIEND
キャラクターキャスト
閻魔あい玉城ティナ
骨女橋本マナミ
一目連楽駆
輪入道麿赤兒
市川美保森奈々
南條遥仁村紗和
御厨早苗大場美奈
長岡拓郎森裕作
長岡雅子片岡礼子
魔鬼藤田富
工藤波岡一喜
「地獄少女」が無料!!

地獄少女の実写映画はひどい?総合評価

地獄少女の実写映画はひどい?総合評価

Amazonプライムの地獄少女実写評価は、108件のグローバルレーティングで星4.2でした。

細かい内訳は下記のとおりで、星5つがもっとも多い結果となっています。

星5つ25%
星4つ19%
星3つ25%
星2つ16%
星1つ16%

また、星4つ以上が44%で星3つ以下は57%であることから、地獄少女の実写映画は低評価であると言えるでしょう。

尚、地獄少女の実写版を実際に視聴した人の感想を、評価ごとで下記にまとめます。

地獄少女の実写映画はひどい?星5を付けた人の感想

コワすぎと同姓同名が居たり滅茶苦茶なノリや本編の名台詞以上のインパクトの「純度を上げろ」など存分に白石ワールドを楽しめました。

Amazonプライムより引用

地獄少女の実写映画はひどい?星4を付けた人の感想

白石監督が好きで見ました。霊体ミミズや雑コラも出てきて、コワすぎのアナザーファイルのような感じです。とにかく白石ワールドでした。

Amazonプライムより引用

地獄少女の実写映画はひどい?星3を付けた人の感想

サラッと流し見たのでストーリーはそれなりに面白い。どうしても原作ありきで見ると厳しいと思います。閻魔あいの再現が素晴らしいのでもう少し原作を重視してくれる事を続編に期待します。

Amazonプライムより引用

地獄少女の実写映画はひどい?星2を付けた人の感想

キャストとか雰囲気は良かったから地獄少女というガワを使わずに新規タイトルで作れば良かったと思う。どうしても比べてしまって評価が割れてしまう。

Amazonプライムより引用

地獄少女の実写映画はひどい?星1を付けた人の感想

原作は面白いのにヤバいくらい酷い。ストーリーも入り込めないし、演出も酷い。B級を超えた作品

Amazonプライムより引用

地獄少女の実写映画がひどいと言われる理由

  • キャスティングミス
  • キャストの演技力不足
  • 主人公の出演シーンが少ない
  • 原作を知らない人には内容が分かりづらい
  • 内容がつまらない
  • CGや小道具のチープさ

地獄少女の実写映画がひどい理由は上記の6つです。

それぞれ解説していきます。

地獄少女の実写映画がひどい理由①:キャスティングミス

主人公の閻魔あい役を演じたのは、元・ファッション雑誌「ViVi」の専属モデルを務めていた玉城ティナさん。

主人公は当然物語の中で最も重要なキャラクターとなりますが、原作の閻魔あいは和風なイメージがあるものの、玉城ティナさんは日米ハーフであり洋風の顔立ちをしています。

原作のイメージと異なる印象に「全然合っていない」「配役が微妙」といった声が多く、キャスティングミスだという意見が広がってしまいました。

さらに、原作では13歳の主人公役を当時22歳の玉城ティナさんが演じたこともマイナス評価となってしまったようです。

タイトルにある「少女」らしさに欠け、もう少し日本人形のような子が良かったのでは…という声も多く、ひどいという声へと繋がってしまいました。

地獄少女の実写映画がひどい理由②:キャストの演技力不足

主人公の閻魔あい役を演じた玉城ティナさんの演技力にがっかりする人も少なくはなかったようです。

玉城ティナさんはもともとはモデルとして活躍されており、女優歴は決して長くはないと言えます。

経験豊富な方達と比較すると演技力にも差が出てきてしまうのも仕方のないことかもしれません。

主人公の閻魔あいは、人間味のない無感情なところが魅力のキャラクターであるため、玉城ティナさんの人間味のある演技に対して「もっと感情を殺して演技して欲しかった」という声も上がってしまいました。

一方でアニメ版の閻魔あいの声には寄せているのが分かり、玉城ティナさんの役作りや研究をしたことが伝わってくるといった声も囁かれていました。

地獄少女の実写映画がひどい理由③:主人公の出演シーンが少ない

主人公であるにも関わらず、玉城ティナさんの出演シーンが全体的に少ないことに疑問を抱く人は多くいたようです。

中には「玉城ティナのスケジュールが合わなかったのかな」と玉城ティナさんの多忙さを労る人もいました。

しかしストーリーの中で悪役の魔鬼役が中心となっており「主人公であるはずの閻魔あいが脇役みたいになっている」という声も多く、残念、がっかりしたと感じる人は少なくはなかったようです。

地獄少女の実写映画がひどい理由④:原作を知らない人には内容が分かりづらい

原作を知らなくともホラー好きの人はタイトルだけを見て「観てみたい」と思う人も多く、実際に映画館で観たと言う人も多くいました。

しかし、原作を知らなくても楽しめるのでは…と期待して観たものの、「正直あまり理解できなかった」「原作を知っている人の方が地獄少女の背景が分かっていて楽しめたのかも」という意見が度々囁かれていました。

説明も不十分であったことから、初めて観る人には少し分かりづらい部分があり、もう少し丁寧に説明して欲しかった、原作ファン向けなどといった意見によって、マイナス評価へと繋がってしまったようです。

地獄少女の実写映画がひどい理由⑤:内容がつまらない

そもそも地獄少女の内容自体が薄い、盛り上がりに欠ける、などつまらない、面白くないという意見が多く囁かれていました。

「観ていて退屈だった」「ロックバンドを目指す音楽映画かな?」という声も…。

ホラー映画であるにも関わらずホラー性が感じられないことも、ホラー映画だと期待して観ていた人からすると拍子抜けだったようです。

また断片的に地獄少女っぽい要素を盛り込もうとして、逆に全てが中途半端に表現されていたと感じる人も多く、「見るに耐えない」「途中で見るのをやめた」という人も少なくはありませんでした。

地獄少女は恨みの連鎖や地獄の恐ろしさ、ストーリー中の被害者が受ける理不尽などが盛り込まれているはずが、地獄の恐ろしさも特に感じられず見せどころとなる場面があまりなかったことから、マイナス評価に繋がってしまったようです。

地獄少女の実写映画がひどい理由⑥:CGや小道具のチープさ

実写版での撮影場所やセットに「安っぽい」「ひどい」という声も多くありました。

特に終盤の地獄に連れて行く場面で、バンド部隊のセットが倒れ下敷きになるシーンにチープさを感じ幻滅したという人も…。

倒れてきたセットが明らかに発泡スチロールの質感だと違和感を感じた人は少なくはなく、リアリティがないと残念に感じる人も多くいました。

また、本作で肝心の地獄に関連する部分の大半がCGとなっていますが、そのCGも幼稚っぽい、いつの時代のCG?などCGのクオリティの低さにがっかりする人の声も多く囁かれていました。

令和の時代でありながらCGのチープさや小道具やセットの安っぽさに注目する人もおり、全体的にマイナスな印象となってしまったようです。

まとめ:地獄少女の実写映画はひどい

本記事では地獄少女の実写映画がひどいと言われる理由について解説しました。

結論、ひどいと言われる理由は下記のとおり。

  • キャスティングミス
  • キャストの演技力不足
  • 主人公の出演シーンが少ない
  • 原作を知らない人には内容が分かりづらい
  • 内容がつまらない
  • CGや小道具のチープさ
漫画がめちゃくちゃ安い!!

人気漫画も全部割引!!

割引対象作品

\70~90%OFFで漫画が買える/

残念ながら期間限定・・・

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次