ひだまりが聴こえるの実写映画はひどい!総合評価まとめ

ひだまりが聴こえるの実写はひどい!とよく言われていますが、実際のところはどうなのか?本記事では徹底的に評価していきます。

ひだまりが聴こえるの実写版を見ようか悩んでいる人は必見です。

映画が無料!!

目次

ひだまりが聴こえるの実写映画情報

~あらすじ~

中学生の時に難聴を患ったため教室でも何かと誤解を受けて周囲とうまくなじめないまま大学生になった杉原航平は、いつしか人と距離を置くようになっていた。そんな時に大学の裏庭で出会った佐川太一は、バカみたいに明るい性格で思ったことを何でも口にする同級生だった。いつしか太一との距離が近づくようになるが、それでも学校での陰口や嫌がらせで卑屈になる航平に対し太一から「聴こえないのはお前のせいじゃないだろ!」と言われ、航平はその言葉に心の底から救われるのだった。そして太一との出会いが航平を変えていくのだが、近づけば近づくほど二人の距離に期待と不安が募る航平がいるようになって・・・

「Amazonプライムより引用」
原作文乃ゆき
監督上條大輔
脚本高橋ナツコ
主題歌 –
キャラクターキャスト
杉原航平多和田秀弥
佐川太一小野寺晃良
横山智紀三津谷亮
横山美穂山崎あみ
皆川ナツミ大阪美優
谷野留実子井桁弘恵
田畑遥松田リマ
内山連福本有希
里中大吾島田翼
北野誠一荒木秀行
樋口綾木島杏奈
澤田響子野村涼乃
牧野悠一郎平沼紀久
森本保中丸新将
杉原涼子高島礼子

ひだまりが聴こえるの実写映画はひどい?総合評価

ひだまりが聴こえるの実写映画はひどい?総合評価

Amazonプライムの実写評価は、22件のグローバルレーティングで星4.2でした。

細かい内訳は下記のとおりで、星5つがもっとも多い結果となっています。

星5つ58%
星4つ16%
星3つ15%
星2つ10%
星1つ0%

また、星4つ以上が74%で星3つ以下は25%であることから、ひだまりが聴こえるの実写映画は高評価であると言えるでしょう。

尚、ひだまりが聴こえるの実写版を実際に視聴した人の感想を、評価ごとで下記にまとめます。

ひだまりが聴こえるの実写映画はひどい?星5を付けた人の感想

とても暖かくなる作品でした。太一が原作ほどやんちゃならどうしょうと思ってましたが可愛い太一で良かったです。航平もとても素敵でした

Amazonプライムより引用

ひだまりが聴こえるの実写映画はひどい?星4を付けた人の感想

戦隊モノやライダーに出てくる男の子かな?というくらい素材の良さを感じました。輪郭がすごく綺麗。金欠でひもじい、という設定に似合った痩身と、よく通るはっきりした声。子供っぽい態度が中学生に見えるようなキュートさで、太一役としても納得です。

Amazonプライムより引用

ひだまりが聴こえるの実写映画はひどい?星3を付けた人の感想

原作の漫画とは別物だと思って観たら、可愛くて心暖まる作品でした。航平役の役者さんの表情作りが原作よりかなり判り易い点が気になりました。映像作品としては正解かも知れませんが、表現控え目な原作キャラに魅力を感じてる私には凄くオーバーアクションに感じられてしまい始終違和感が拭えずでした。

Amazonプライムより引用

ひだまりが聴こえるの実写映画はひどい?星2を付けた人の感想

レビューなし

ひだまりが聴こえるの実写映画はひどい?星1を付けた人の感想

レビューなし

ひだまりが聴こえるの実写映画がひどいと言われる理由

  • ひどいと言われる理由①:キャスティングミス
  • ひどいと言われる理由②:キャラクターのイメージが違う
  • ひどいと言われる理由③:作りが古臭い
  • ひどいと言われる理由④:BL感があまり感じられない
  • ひどいと言われる理由⑤:全体的に暗い
  • ひどいと言われる理由⑥:ご都合主義になっている

ひだまりが聴こえるがひどいと言われる理由は上記の6つです。

それぞれ解説していきます。

ひだまりが聴こえるの実写映画がひどいと言われる理由①:キャスティングミス

難聴を患っている主人公の杉原航平役を演じたのは、俳優の多和田秀弥さん。

原作の杉原航平は、色白で儚げなイメージがあるものの、演じた多和田秀弥さんはどちらかというと肌の色も適度に健康そうな小麦色をしています。

顔立ちもしっかりとしているため、「杉原航平っぽくない」と感じた人は多くいました。

しかし、本作を見ていく中で多和田秀弥さんの演技が絶妙な繊細さが出ており、「これはまた違った良さがあった良い」という評価もありました。

ただ、予告動画やポスター写真など、ぱっと見の印象としては「航平っぽくない」と感じた人もいたため、ひどいとマイナス評価を下す人も少なくはありませんでした。

ひだまりが聴こえるの実写映画がひどいと言われる理由②:キャラクターのイメージが違う

原作漫画での杉原航平は、耳が聴こえないことから人との距離を置いたり、表現が控えめ

である性格として描かれており、物静かで控えめなキャラクターに魅力を感じる人も多くいます。

しかし、実写版の杉原航平は、表情作りが非常に分かりやすいものであり、「イメージが違う」と不満に感じる人もいました。

映画としては、「分かりやすく表現する方が正解なのかも」という声があるものの、原作の良さが実写化によってなくなってしまったことで、残念に思う人も少なくはなかったようです。

また、オーバーリアクションに感じる部分もあり、終始違和感が拭えずに物語に入り込めないという声もあったため、もう少し原作に近い雰囲気を残しても良かったのかもしれません。

ひだまりが聴こえるの実写映画がひどいと言われる理由③:作りが古臭い

主人公が難聴であり、言葉を自由に話すことが出来ない設定であるため、基本的には主人公以外のキャラクターの会話や独り言などで状況説明する場面が多々あります。

しかし、その見せ方が「なんだか古臭い作り」「クサイ芝居…」などと否定的な声が多くを占める結果となってしまいました。

言葉以外での表現方法、演出方法など、様々な見せ方や状況説明の方法があるのにも関わらず、いちいち不自然な言葉で説明しようとすることに対し、「これはひどい」「最後まで見るのがきついレベル」という声が上がっていました。

2017年の作品であるため、決して古い作品でもないことから、「もう少し演出方法に拘って欲しかった」という声も多々見受けられました。

ひだまりが聴こえるの実写映画がひどいと言われる理由④:BL感があまり感じられない

ひだまりが聴こえるのジャンルは、BLコミック。

男性同士の恋愛を描いた作品であり、BL部分に期待をして本作を鑑賞する人も多くいました。

しかし、実際にはキス程度の演出で終わり、恋愛要素は思っていたほど多くなかったことに「期待外れ」だと感じた人も少なくはなかったようです。

BL感はあまり強くないために「それ目的で観るならハードルを下げた方がいい」という声もあり、物足りなさを感じた視聴者からは「がっかり」「ひどい」などの否定的な声が上がってしまいました。

また、そもそもBLにする必要がないのでは…と疑問に思う人も多く、掲載誌は女性誌でも良かった、逆にちょっと冷めた、台無しという声も囁かれていました。

ひだまりが聴こえるの実写映画がひどいと言われる理由⑤:全体的に暗い

原作では、タイトルの通り全体的に明るく天気も晴れている日常の中で物語が進行して行くシーンが多くを占めます。

しかし、実写映画の撮影期間はわずか8日間という噂がある本作なので、天気に恵まれない中での撮影が進んでいってしまったのか、雨のシーンが多くありました。

ほとんどが雨や曇りなどの悪天候であり、原作漫画の晴れやかな印象がなくなってしまっていたことに「これはひどい」と感じる人が多くいました。

また、天気の都合上なのか、原作にあった野球やお祭りのシーンがカットされている部分もあり、「残念」「期待外れだった」と否定的な声も囁かれていました。

物語が非常に評価されている本作なだけに、全体的に暗くなってしまっている映像に関して、残念に感じた人も少なくはなかったようです。

ひだまりが聴こえるの実写映画がひどいと言われる理由⑥:ご都合主義になっている

後天性難聴で周りの音や声が聞き取りにくい主人公の杉原航平は、小野寺晃良さん演じる佐川太一の声だけは“聞き取りやすい”という設定になっています。

明るい性格で思ったことを何でも口にする佐川太一は声が大きいことも特徴で、いつしか二人の距離が近づき、友情を超えて愛情へと変わっていく物語。

漫画だからこそのストーリー設定であるものの、現実的に考えるとどうしてもご都合主義だという声は少なからずありました。

障害を悲劇的な物語として甘美に消費している…という意見もあり、「思ってたのと違った」と感じた人もいました。

まとめ:ひだまりが聴こえるの実写映画はひどい

本記事ではひだまりが聴こえるの実写映画がひどいと言われる理由について解説しました。

結論、ひどいと言われる理由は下記のとおり。

  • ひどいと言われる理由①:キャスティングミス
  • ひどいと言われる理由②:キャラクターのイメージが違う
  • ひどいと言われる理由③:作りが古臭い
  • ひどいと言われる理由④:BL感があまり感じられない
  • ひどいと言われる理由⑤:全体的に暗い
  • ひどいと言われる理由⑥:ご都合主義になっている
漫画がめちゃくちゃ安い!!

人気漫画も全部割引!!

割引対象作品

\70~90%OFFで漫画が買える/

残念ながら期間限定・・・

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次