東京喰種の実写映画はひどい!総合評価まとめ

東京喰種の実写映画はひどい!総合評価まとめ

東京喰種の実写はひどい!とよく言われていますが、実際のところはどうなのか?本記事では徹底的に評価していきます。

東京喰種の実写版を見ようか悩んでいる人は必見です。

目次

東京喰種の実写情報

~あらすじ~

人の姿をしながら、人を喰らう怪人・喰種(グール)が潜む東京。平凡な大学生・カネキはある日事件にあい、喰種のリゼの臓器を移植されたことで、半喰種となってしまう。苦悩するカネキは、喰種が集まる喫茶店「あんていく」で働き始め、そこで女子高生トーカたちと出会い、喰種にも守るべき家族や友人がいることを知る。一方、喰種を駆逐すべく、人間側の捜査官・亜門、真戸が現れ、熾烈な戦いに巻き込まれていく。人の命を奪い、喰い、生き永らえる喰種の存在に疑問と葛藤を抱きつつ、あるべき世界の姿を模索する青年の未来は―

「Amazonプライムより引用」
原作石田スイ
監督萩原健太郎
脚本楠野一郎
主題歌「BANKA」illion
キャラクター声優
金木研窪田正孝
霧島薫香清水富美加
亜門鋼太郎鈴木伸之
神代利世蒼井優
真戸呉緒大泉洋

東京喰種の実写はひどい?総合評価

東京喰種の実写はひどい?総合評価

Amazonプライムの東京喰種実写評価は、348件のグローバルレーティングで星3.2でした。

細かい内訳は下記のとおりで、星3つがもっとも多い結果となっています。

星5つ22%
星4つ21%
星3つ31%
星2つ12%
星1つ15%

また、星4つ以上が43%で星3つ以下は58%であることから、東京喰種の実写映画は低評価であると言えるでしょう。

尚、東京喰種の実写版を実際に視聴した人の感想を、評価ごとで下記にまとめます。

東京喰種の実写はひどい?星5を付けた人の感想

実写映画に煩い私でも満足できる大変素晴らしい映画だったと思います。金木くん役の窪田さんは本当に狂った演技がお上手で、特に後半の戦闘シーンで喰種と人間の狭間で苦しむ姿はさすがでした!

Amazonプライムより引用

東京喰種の実写はひどい?星4を付けた人の感想

カグネの再現度に驚きました。トレーニングのシーンも俳優さんたちの努力に心打たれました。見るのを避けていましたが…再現度も高く良い作品でした

Amazonプライムより引用

東京喰種の実写はひどい?星3を付けた人の感想

窪田君はやっぱりすごいと思う。人間とグールの演じ分けとか、戦闘でグールの力を出してその後グールになった自分に酔いしれるあたり、本当に人を食べちゃうんじゃないかとゾッとするくらいだった。トーカちゃんもいい味出してたと思う。

Amazonプライムより引用

東京喰種の実写はひどい?星2を付けた人の感想

まずテンポが遅すぎてだんだん飽きてくるのと、主人公がひ弱すぎてほぼ成長していないのと、長期間ほぼなにも食べてない状態でなぜあれだけ元気なのかも謎ですし、人間と互角に戦えるくらいじゃ全然強くないし、全てが中途半端。

Amazonプライムより引用

東京喰種の実写はひどい?星1を付けた人の感想

コスプレにしか見えません。キャスティングも正直悩ましい印象を受けました。原作ならではの各キャラの儚さが欠如しています。どこがと指摘する箇所が多すぎて悲しい。

Amazonプライムより引用

東京喰種の実写がひどいと言われる理由

  • キャスティングミス
  • キャストの演技力不足
  • 演技が過剰
  • 原作を知らない人は意味がわからない
  • CGがひどい
  • BGMが古臭い
  • 清水富美加さん問題

東京喰種がひどいと言われる理由は上記の7つです。

それぞれ解説していきます。

ひどいと言われる理由①:キャスティングミス

主人公の金木研は原作では可愛らしい少年であり、それが様々な葛藤を経て徐々に狂気を纏っていく様が魅力的なキャラクターですが、実写版で主人公を演じたのは、窪田正孝さん。

窪田正孝さんは元々の容姿が可愛らしいというより、どちらかというとかっこいい見た目であり、さらに言えばそもそもグール感が強めだという声もありました。

原作ファンからすると、主人公だけは見た目を原作に寄せて欲しかった、残念だという意見が多く、ひどいと言われる原因の一つとなってしまっているようです。

また、真戸呉緒役を演じた大泉洋さんですが、「大泉洋さんに真戸役を演じさせた意味がわからない」「大泉洋が悪い訳ではなく完全なミスキャスト」「大泉洋は真摯に役に向き合ってたけど、そうじゃないだろ」などの声も。

大泉洋さん特有のおふざけを入れたりする訳でもなく役になりきっていた、と大泉洋さんの演技は認める声が多く上がっていたものの、原作の真戸呉緒とはイメージが違う、キャスティングミスすぎると言った声が多く上がっていました。

ひどいと言われる理由②:キャストの演技力不足

主人公の金木研役を演じた窪田正孝さんですが、人間と喰種の両方を演じる難しい役どころとなります。

難しい役ではありますが、棒読み加減がひどい、心理描写がイマイチ、ちょっと物足りないなど窪田正孝さんの演技に対するマイナス評価が多く見受けられ、ひどいと言われる理由の一つとなってしまいました。

また、原作では大学生役の金木研ですが、窪田正孝さんは大学生には見えない…という声も多く、もう少し原作に見た目を寄せたり役作りに力を入れて欲しかったという意見も多かったです。

他にも、キャスト全体の演技に対して「高校の学園祭レベル」「アクションが最低レベル」などの厳しい意見も上がっていました。

気迫迫るアクションシーンが多いだけに、わざとらしい演技が目立つ、喰種を目の前にしたらもっと恐ろしい表情になるのでは?という声もあり、キャストの演技力不足を指摘する人は多い傾向にありました。

ひどいと言われる理由③:演技が過剰

2次元では良いものの、よだれをだらだらと垂らしたり、嘔吐をするシーンなどがリアルだと気持ち悪かったという意見が多数見られました。

原作に忠実であろうとするキャストの役作りには賛同するものの、嘔吐シーンも多く観ていて不快だった、やりすぎと言った声が多く、ひどいと言われるマイナス評価へと繋がってしまったようです。

グロいシーンが多く、見ていられなかった、目を背けたと言った声も囁かれていました。

ひどいと言われる理由④:原作を知らない人は意味がわからない

原作を知っている人であればストーリーがスムーズに進んでいくかもしれないが、原作を読んだことがない人が初めて映画を観た時には「どういうこと?」「意味がわからない」など説明不足なのではないかという声が多数見受けられました。

例えば、原作では描かれている主人公のモノローグが映画では一切ない為、本作の肝とも言える主人公の心の葛藤が全く伝わってこないこと、クインケがどうやってできているのかなどが挙げられます。

もう少し丁寧に説明しないと、混乱したり、話が理解できないままどんどんストーリーが進んでいってしまうと懸念する人も多かったようです。

ひどいと言われる理由⑤:CGがひどい

東京喰種の映画ではCGがよく使われているのですが、その中でも原作で描かれている「赫子」はとても美しいのに対して、CGで表現された「赫子」は美しさの欠片もない、ムカデみたいで気持ち悪いという声が上がっています。

また、やる気のないCGのせいで世界観がぶち壊しという声もあり、クオリティの低いCGによってマイナス評価へと繋がっている理由の一つとなってしまいました。

ひどいと言われる理由⑥:BGMが古臭い

実写映画の中で使われているBGMに対して「古臭い」「昭和の映画を観ているよう」など、マイナス評価が多く見受けられました。

アニメ版でのBGMの使い所が絶妙で素晴らしかっただけに、実写版でのBGMにはがっかりした、ひどいと言った声が多く上がってしまったようです。

ひどいと言われる理由⑦:清水富美加さん問題

映画版東京喰種でヒロインである霧島薫香(トーカ)役を演じた清水富美加さん。

清水富美加さんの演技は素晴らしかったという高評価が多かったのにも関わらず、映画が公開される同年に芸能界引退を表明し、幸福の科学へ出家することを直筆によるメッセージにて公表されました。

芸能人引退ということで、「東京喰種の実写はどうなるの?」「続編はないってことか」など様々な意見が上がり、一時期大きなニュースともなりました。

この一件によって一目東京喰種は注目を浴びたものの、プラスになる話題でもなかったこともあって結果的には「このままお蔵入りでも良いのでは」と言った意見も度々みられる結果となってしまいました。

まとめ:東京喰種の実写はひどい

本記事では東京喰種の実写がひどいと言われる理由について解説しました。

結論、ひどいと言われる理由は下記のとおり。

  • キャスティングミス
  • キャストの演技力不足
  • 演技が過剰
  • 原作を知らない人は意味がわからない
  • CGがひどい
  • BGMが古臭い
  • 清水富美加さん問題

今回は実写映画の話でしたが、実は東京喰種は原作最終回もひどい終わり方と言われています。

どのような最終回だったのか。気になる人は、こちらの漫画「東京喰種」の最終回がひどい!?賛否両論の終わり方まとめどうぞ。

漫画がめちゃくちゃ安い!!

人気漫画も全部割引!!

割引対象作品

\70~90%OFFで漫画が買える/

残念ながら期間限定・・・

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次