ホリミヤの実写映画はひどい!総合評価まとめ

ホリミヤの実写映画はひどい!総合評価まとめ

ホリミヤの実写はひどい!とよく言われていますが、実際のところはどうなのか?本記事では徹底的に評価していきます。

ホリミヤの実写版を見ようか悩んでいる人は必見です。

目次

ホリミヤの実写映画情報

あらすじ

クラスではいつもひとりぼっちの地味でネクラな男子・宮村伊澄と、優等生で明るく、人気者の女子・堀京子。まるで正反対の2人が偶然お互いの秘密を知ってしまい、その日から、2人の距離は近づいていく。他人に興味を示さず、友達のいなかった宮村の高校生活は、堀との出会いをきっかけに色づきはじめる。徐々にたくさんの友人たちが出来ていき、笑いあい、喧嘩をし、悩みを抱えて、恋をする、甘酸っぱい青春の物語が今、始まる。

「Amazonプライムより引用」
原作HERO、荻原ダイスケ
監督松本花奈
脚本酒井善史
主題歌「色香水」神山羊
キャラクター声優
宮村伊澄鈴鹿央士
堀京子久保田紗友
石川透鈴木仁
吉川由紀岡本莉音
仙石翔小野寺晃良
綾崎レミマーシュ彩
河野桜さくら
井浦秀曽田陵介
進藤晃一井上裕貴
柳明音板垣李光人
堀百合子河合青葉
堀京介木村了

ホリミヤの実写映画はひどい?総合評価

ホリミヤの実写映画はひどい?総合評価

Amazonプライムのホリミヤ実写評価は、24件のグローバルレーティングで星3.0でした。

細かい内訳は下記のとおりで、星2つがもっとも多い結果となっています。

星5つ11%
星4つ33%
星3つ11%
星2つ36%
星1つ10%

また、星4つ以上が44%で星3つ以下は57%であることから、ホリミヤの実写映画は低評価であると言えるでしょう。

尚、ホリミヤの実写版を実際に視聴した人の感想を、評価ごとで下記にまとめます。

ホリミヤの実写はひどい?星5を付けた人の感想

素敵なドラマだと思います。役者の方の演技も良かったです。

こういったほのぼのとしたラブストーリーは穏やかな気持ちで見られるので、見終わった後も幸せな気持ちでいられて心地良いのでそういった話が好きな方にはお勧めだと思います。

Amazonプライムより引用

ホリミヤの実写はひどい?星4を付けた人の感想

この劇場版で女優:久保田紗友さんを知りました。視聴当初はアニメ版のイメージとのギャップに違和感を覚えましたが、何度も観るうちに京子役の久保田紗友さんの演技に好感を持ち、いつしかファンに。そして今では、大ファンに。限られた劇場版の時間の中でアニメ版すべてを詰め込むことは不可能だと思いましたが、端折られた部分も多々ありましたが、全体的に良かったです。

Amazonプライムより引用

ホリミヤの実写はひどい?星3を付けた人の感想

良くもなく、悪くもなく。という所かな。漫画が好きだったので、求めるイメージと違っていてモヤモヤしてしまって、映画版よりドラマ版ならもしかして…と期待して両方見たけど変わらず。

Amazonプライムより引用

ホリミヤの実写はひどい?星2を付けた人の感想

ヒロインを筆頭に女子全員、設定を外しまくっている。キャストが酷い。 原作設定に遠く及ばないオバサンくさい見た目とか残念過ぎて冷めます。 他に幾らでも居るでしょうに、なんでこうなった・・・

Amazonプライムより引用

ホリミヤの実写はひどい?星1を付けた人の感想

一話で脱落しました…。まず耐え難いほど見た目が違う。特に主役である宮村がすごく残念です。他の実写化もコスプレ感が強いですが、このドラマはスタートラインにすら立ててません。

Amazonプライムより引用

ホリミヤの実写映画がひどいと言われる理由

  • キャスティングミス
  • 主人公の髪型の違和感がひどい
  • 原作を生かしきれていない
  • 映画にする必要性がない
  • 原作やアニメが良かっただけに実写化にはがっかり
  • 実写版Twitterのアカウントが作者をフォローしていない

ホリミヤがひどいと言われる理由は上記の6つです。

それぞれ解説していきます。

ひどいと言われる理由①:キャスティングミス

主人公の宮村伊澄役を演じた俳優の鈴鹿央士さんですが、原作の宮村伊澄は地味で根暗なキャラクターとして描かれています。

今では人気俳優となり映画やドラマに引っ張りだこの鈴鹿央士さんは、「イケメンすぎて宮村役には合っていない」「そんな顔が濃くないのが宮村なんだよ」などの意見が多く、キャスティングミスだという声が多数を占めてしまいました。

また、ヒロインである堀京子(久保田紗友さん)の父親である堀京介役を演じた木村了さん。

撮影当時は32歳であったにも関わらず、高校生の父親役を演じることには「さすがに無理があるのでは…」「高校生の父親には全然見えない」といった声が多く、木村了さんもキャスティングミスだと言う意見が多く見受けられました。

主人公なら特に原作に寄せるべきであり、脇役であっても年相応のキャストを選ぶべきなのでは…とキャスティングに関しての意見は非常に多く見受けられました。

ひどいと言われる理由②:主人公の髪型の違和感がひどい

主人公の宮村伊澄は、クラスではいつもひとりぼっちの地味な根暗男子です。

髪の毛は伸ばしっぱなしで長く、メガネをかけていて無口なキャラクターですが、実写版の主人公を演じた鈴鹿央士さんは、確かに黒髪で長髪であったものの「髪型が不自然」「カツラ感が半端ない」などと髪型に違和感を感じる人が多くいました。

見た目も少し不気味で、原作よりも根暗感が増しており、キャスティングミスだけでなく身なりに対しても「ちょっと違う」「ひどい」といった声が多く上がってしまいました。

ひどいと言われる理由③:原作を生かしきれていない

原作である漫画前半部分の面白いシーンを総取りしているはずなのに、それらが生かされておらず全く面白くなかったというマイナス意見が目立ちました。

「原作を単なるネタとしか捉えていない」「原作の面白さを生かす能力がない」など製作陣に対する声も多く上がり、原作ファンから「ひどい」「あり得ない」「実写化しない方が良かった」などの声が多く囁かれていました。

原作を読んだことのある人からすると、どうしても原作と実写を照らし合わせてしまい、「もはや笑えてくる」といった声も辛口なコメントも見受けられました。

ひどいと言われる理由④:映画にする必要性がない

実写映画のホリミヤは、ドラマ版のホリミヤの第一話から第三話までの総集編と追加されたシーンを加えてのものでした。

実写映画は2021年2月5日から、そして実写ドラマは2021年2月16日からスタートしたのですが、「なぜ同時期にほとんど同じ内容をものを放送するのか」「わざわざなぜ映画にしたのかが分からない」などと言った声が多く上がり、批判の声が高まってしまいました。

ドラマ三話分を再構成して映画公開というのは安く済ませすぎなのでは…と、ひどいと言われる理由の一つとなってしまったようです。

ひどいと言われる理由⑤:原作やアニメが良かっただけに実写化にはがっかり

ホリミヤの原作やアニメは、とても高評価であり原作ファンもとても多くいます。

そのため「原作の漫画やアニメ版のクオリティが良かっただけに、期待に応えられていない感が否めない」「どう魅せてくれるのか楽しみだったが、結果はお察しの通りだった」という厳しい声がたくさん聞かれました。

ホリミヤの実写映画を担当した監督は、松本花奈さん。撮影当時は23歳という若さから、言ってしまえばキャリアや実績も決して多くはないと言えるでしょう。

それらも相まって「やはり原作を実写化するのは難しい」「期待外れだった」という声が多く上がってしまったようです。

ひどいと言われる理由⑥:実写版Twitterのアカウントが作者をフォローしていない

ホリミヤの実写Twitterアカウントが、出演するキャストたちをフォローしているにも関わらず、作者や原作者をフォローしていないことが指摘されています。

「ホリミヤ」という作品は作者と原作者のものであり、まずは作者や原作者のフォローをすることが第一優先であり筋だと言われていました。

一見、「そんなことで?」と思う人も多いかもしれませんが、原作ファンからすると「原作リスペクトが感じられない」「作品を大切にしてほしい」「そういう細かいところまでも気を使うべき」といった意見も多く、マイナス評価へと繋がる要因となってしまいました。

まとめ:ホリミヤの実写映画はひどい

本記事ではホリミヤの実写がひどいと言われる理由について解説しました。

結論、ひどいと言われる理由は下記のとおり。

  • キャスティングミス
  • 主人公の髪型の違和感がひどい
  • 原作を生かしきれていない
  • 映画にする必要性がない
  • 原作やアニメが良かっただけに実写化にはがっかり
  • 実写版Twitterのアカウントが作者をフォローしていない
漫画がめちゃくちゃ安い!!

人気漫画も全部割引!!

割引対象作品

\70~90%OFFで漫画が買える/

残念ながら期間限定・・・

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次