「映像研には手を出すな」の実写映画はひどい!総合評価まとめ

「映像研には手を出すな」の実写映画はひどい!総合評価まとめ

映像研には手を出すなの実写はひどい!とよく言われていますが、実際のところはどうなのか?本記事では徹底的に評価していきます。

映像研には手を出すなの実写版を見ようか悩んでいる人は必見です。

映画が無料!!

目次

「映像研には手を出すな」の実写映画情報

あわせて読みたい
- YouTube YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

~あらすじ~

迷彩帽に迷彩リュックの少女・浅草みどりは、アニメが好きで、人並み外れた想像力があるのだが、極度の人見知り。浅草の中学からの同級生・金森さやかは長身で美脚、金儲けに異常な執着を見せるタイプだ。2人が入学した芝浜高校は、413の部活動と72の研究会およびそれに類する学生組織がある、一言でいえばカオスな高校。この部活動および学生組織を束ねているのが大・生徒会。道頓堀透、ソワンデ、阿島、王が幹部として運営を司っている。そんな芝浜高校で、浅草と金森はカリスマ読者モデルの水崎ツバメと出会う。ツバメもまた、芝浜高校に入学してきた新入生で、実はアニメ好きでアニメーター志望だった。運命的な出会いを果たした3人はアニメ制作に邁進することを決意する。こうして、電撃3人娘の「最強の世界」を目指す冒険が始まった!!!

「Amazonプライムより引用」
原作大童澄瞳
監督英勉
脚本英勉、高野水登
主題歌「ファンタスティック3色パン」乃木坂46
キャラクターキャスト
浅草みどり斎藤飛鳥
水崎ツバメ山下美月
金森さやか梅澤美波
道頓堀透小西桜子
さかき・ソワンデグレイス・エマ
阿島九福本莉子
王俊也松崎亮
百目鬼桜田ひより
小野板垣瑞生
小林赤楚衛二
黒田鈴之助
麻笠出合正幸
水崎菜穂美松本若菜
水崎葉平山中聡
晴子浜辺美波
藤本先生高嶋政宏
「映像研」が無料!!

「映像研には手を出すな」の実写映画はひどい?総合評価

「映像研には手を出すな」の実写映画はひどい?総合評価

Amazonプライムの映像研には手を出すな実写評価は、1,335件のグローバルレーティングで星4.3でした。

細かい内訳は下記のとおりで、星5つがもっとも多い結果となっています。

星5つ66%
星4つ18%
星3つ6%
星2つ4%
星1つ6%

また、星4つ以上が84%で星3つ以下は16%であることから、映像研には手を出すなの実写映画は高評価であると言えるでしょう。

尚、映像研には手を出すなの実写版を実際に視聴した人の感想を、評価ごとで下記にまとめます。

「映像研には手を出すな」の実写映画はひどい?星5を付けた人の感想

乃木坂ファンながら、アニメチックな世界観と棒演技のアイドル映画じゃないかとスルーしてましたが面白かった!3人の演技も良かった。キャラにも合ってました。

Amazonプライムより引用

「映像研には手を出すな」の実写映画はひどい?星4を付けた人の感想

正直、スルーしていた作品なのですが、何気なく見たレビューの数々が刺さって観ることにしました。製作陣の仕事が良過ぎて、演者もキャラ立ちしマクッていた良作でした。

Amazonプライムより引用

「映像研には手を出すな」の実写映画はひどい?星3を付けた人の感想

マンガチックな設定の高校の世界観。原作はマンガだから仕方ないとしても原作をご存じか乃木坂のファンで無ければまず興味が沸かないでしょう。私はドラマを観ていたので、続きと思って視聴しましたが、最初の20分によく知らない若手俳優さんを狂言回しにしてドラマのダイジェストをやられて何か冷めました。ドラマの時はそれなりに良かったんですが、世界観に付いていけませんでした。

Amazonプライムより引用

「映像研には手を出すな」の実写映画はひどい?星2を付けた人の感想

アニメの持つ独特の世界観、特殊な学校施設や街の描写、ちょっと異質な人物設定、空想世界の再現をどうやってやるのだろうと期待を持って観ましたが、キャラの性格は変わっているし全く別の作品でした。それでは映画のストーリーはどうかというと、主軸はアニメ制作よりも生徒会や学校との対立などに置かれており、特に面白味もありませんでした。

Amazonプライムより引用

「映像研には手を出すな」の実写映画はひどい?星1を付けた人の感想

漫画が原作?の作品みたいだけど筆者には作中のキャラたちがわーわー、ギャーギャー言ってるシーンが気に障るだけのよく分からない作品だった。期待して観たんだけどねぇ。

Amazonプライムより引用

「映像研には手を出すな」の実写映画がひどいと言われる理由

  • ひどいと言われる理由①:キャストの演技力不足
  • ひどいと言われる理由②:原作との論点が違う
  • ひどいと言われる理由③:展開が早い
  • ひどいと言われる理由④:浜辺美波の無駄遣い
  • ひどいと言われる理由⑤:漫画の独特な世界観は実写では無理がある
  • ひどいと言われる理由⑥:冒頭のドラマ版の振り返りシーンが長い

映像研には手を出すながひどいと言われる理由は上記の6つです。

それぞれ解説していきます。

「映像研には手を出すな」の実写映画がひどいと言われる理由①:キャストの演技力不足

映像研には手を出すなの実写映画では、メインキャラとなる女子3人組を乃木坂46の斎藤飛鳥さん、山下美月さん、梅澤美波さんが演じました。

3人とも演技経験は豊富な方ではないことや女優業というよりもアイドルとしての活躍がメインであることもあってか、演技力に対してマイナスなコメントが多く上がってしまいました。

「ワーワーギャーギャー叫んでいるだけ」「演技が嘘っぽい」「滑舌が悪い為なんて言っているか聞き取れない」と言った声は多く、メインキャラである3人の演技に対して批判的なコメントが多数を占めました。

また「メインキャラの髪型や顔が似ている為、誰だか区別がつかない」という声も。

乃木坂46のメンバーが出演していることで「女優とアイドルはやっぱり違う…」と実感した人もいたようです。

「映像研には手を出すな」の実写映画がひどいと言われる理由②:原作との論点が違う

原作では女子高生3人が主人公となり、アニメ制作活動をする中でアニメ制作の仕組みや大変さを分かりやすく描いているストーリーとなっています。

しかし実写映画では、アニメ制作活動というよりも何故か映像研対生徒会と言った図式を全面に描いている印象を受けます。

その為、「主人公たちのアニメへのこだわりや情熱が全く伝わってこない」と、そもそもの論点が原作とは異なることに対して批判的な声が多数上がってしまいました。

なお、映像研には手を出すなの原作は漫画であり、その後アニメやテレビドラマも放映されました。

2016年に原作漫画の第一巻が発刊されてから、映像研には手を出すなの熱狂的なファンが増え続け、原作のストーリーに面白みを感じる人が非常に多くいました。

原作ファンにとっては「原作リスペクトが感じられない」「一体原作の何を見ていたのか!?」と憤りを感じる人も少なくはなかったようです。

「映像研には手を出すな」の実写映画がひどいと言われる理由③:展開が早い

本作のジャンルは青年漫画であり、ストーリーとしては高校が舞台となり女子高生によるアニメ制作を描いた学園ものとなっています。

生活の中で次々と発生するトラブルがあっという間に解決され、また次のトラブルが発生する…と言った繰り返しの印象があり、「気付いたら文化祭が終わっていた」など展開が早いことにマイナスな声が多く上がっていました。

114分の映画にまとめるとなると、どうしても足早になってしまう部分も多いものの、原作ファンからは「もう少し原作にそって欲しい」「展開が早すぎる」と言った声が続出してしまったようです。

感情移入ができる余裕もないほど、次々と展開されていく内容に「残念」「がっかりした」「ひどい」という声が上がり、マイナス評価となってしまいました。

「映像研には手を出すな」の実写映画がひどいと言われる理由④:浜辺美波の無駄遣い

実写映画での序盤シーンでは、気象研究部の晴子役として浜辺美波さんが出演していました。

インパクトのある役柄であったものの、後から何かストーリーに絡んでくるのかと期待する人が多い中で、全くと言っていいほどストーリーに絡んでくることもなく映画は終了してしまいます。

主演級の人気女優でもある浜辺美波さんの演技に注目や期待をしている人が多かったものの、出演シーンの短さに「がっかりした」「浜辺美波の無駄遣い」と言った声は多く、ひどいと言われる理由の一つとなってしまいました。

「映像研には手を出すな」の実写映画がひどいと言われる理由⑤:漫画の独特な世界観は実写では無理がある

本作の原作では、良い意味でまともなキャラクターがいないことが魅力の一つでもあります。

独特なセリフの言い回しやギャグも原作漫画の魅力となっていますが、実写映画でも原作漫画と同様のセリフが使用されている部分も多いようでした。

原作ファンにとっては喜ばしいポイントとなった一方で、原作を知らない人にとっては戸惑いの声や内容についていけない、訳が分からない…という声も多く上がってしまいました。

漫画での個性的なキャラクターを実写化するとなると、セリフの言い回しなどどうしても不自然となってしまうケースも多く、原作の独特な世界観は実写では表現するのは難しい、無理があると言ったマイナスな声が目立ってしまいました。

「映像研には手を出すな」の実写映画がひどいと言われる理由⑥:冒頭のドラマ版の振り返りシーンが長い

実写映画の冒頭シーンでは、映画公開前にテレビ放送されていたドラマの総集編が流れていました。

本作品を知らない人向けに、「映像研には手を出すなとは…」としてドラマ版を振り返るシーンがあったようですが、そのダイジェスト部分が無駄に長いと批判的な声が多く上がっていました。

ドラマを観ていた人からすると「無駄な時間」と感じる人も多く、説明はもう少し短くて良い、総集編に時間をかけすぎというマイナスな意見が多く見受けられました。

「新作劇場版」と言っておきながら、総集編部分に多くの時間を費やしていることに不満を感じる人は多く、ひどいと言われる理由の一つとなってしまいました。

まとめ:「映像研には手を出すな」の実写映画はひどい

本記事では映像研には手を出すなの実写映画がひどいと言われる理由について解説しました。

結論、ひどいと言われる理由は下記のとおり。

  • ひどいと言われる理由①:キャストの演技力不足
  • ひどいと言われる理由②:原作との論点が違う
  • ひどいと言われる理由③:展開が早い
  • ひどいと言われる理由④:浜辺美波の無駄遣い
  • ひどいと言われる理由⑤:漫画の独特な世界観は実写では無理がある
  • ひどいと言われる理由⑥:冒頭のドラマ版の振り返りシーンが長い
漫画がめちゃくちゃ安い!!

人気漫画も全部割引!!

割引対象作品

\70~90%OFFで漫画が買える/

残念ながら期間限定・・・

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次