nanaの実写映画はひどい!総合評価まとめ

nanaの実写映画はひどい!総合評価まとめ

nanaの実写はひどい!とよく言われていますが、実際のところはどうなのか?本記事では徹底的に評価していきます。

nanaの実写版を見ようか悩んでいる人は必見です。

映画が無料!!

目次

nanaの実写映画情報

~あらすじ~

東京にいる彼氏の元へ向かう小松奈々(宮崎あおい)とバンドでの成功を目指し上京するボーカリスト・大崎ナナ(中島美嘉)。そんな二人が東京駅に向かう電車の中で偶然隣り合わせた。同い年、同じ名前ということで意気投合した二人は後日、引越し先の部屋で再会し一緒に暮らし始める。 ナナは新たなバンドメンバー・シン(松山ケンイチ)を見つけ、なじみのギタリスト・ノブ(成宮寛貴)やドラマー・ヤス(丸山智己)と“BLACK STONES(ブラスト)”としての活動を東京で再開する。一方、彼氏の章司(平岡祐太)との関係がぎくしゃくし始めていた奈々に“TRAPNEST(トラネス)”のライブチケットが当たる。奈々はそのライブにナナを誘うがナナはなぜかトラネスのライブに行くことを渋る。そこには奈々の知らないナナの過去があった…。

「Amazonプライムより引用」
原作矢沢あい
監督大谷健太郎
脚本浅野妙子、大谷健太郎
主題歌「GLAMOROUS SKY」NANA starring MIKA NAKASHIMA
キャラクターキャスト
木崎ナナ中島美嘉
小松奈々宮崎あおい
本城蓮松田龍平
高木泰士丸山智己
寺島伸夫成宮寛貴
岡崎慎一松山ケンイチ
一ノ瀬巧玉山鉄二
芹澤レイラ伊藤由奈
遠藤章司平岡祐太
川村幸子サエコ
坂上宍戸瑠美
編集長ベンガル

nanaの実写映画はひどい?総合評価

nanaの実写映画はひどい?総合評価

Amazonプライムの実写評価は、259件のグローバルレーティングで星4.2でした。

細かい内訳は下記のとおりで、星5つがもっとも多い結果となっています。

星5つ58%
星4つ19%
星3つ12%
星2つ8%
星1つ3%

また、星4つ以上が77%で星3つ以下は23%であることから、nanaの実写映画は高評価であると言えるでしょう。

尚、nanaの実写版を実際に視聴した人の感想を、評価ごとで下記にまとめます。

nanaの実写映画はひどい?星5を付けた人の感想

とにかく中島美嘉がほんとうにナナが似合う。中島美嘉の演じるナナ という目では見れなかった。ナナが現実世界にいたらきっとこうなんだろうな というナナだった。セリフや演出はほぼ原作通りだったと思う。所々違うけれど,それはそれで原作とは違った楽しさがあった。

Amazonプライムより引用

nanaの実写映画はひどい?星4を付けた人の感想

原作そのままです!!ナナもハチも蓮、ヤス、他の皆も漫画から抜け出してきたようでした。対照的な2人のなな。でもその両方のモノローグが、現代の女の子の等身大の心境を見事に表していて、深く共感しました。

Amazonプライムより引用

nanaの実写映画はひどい?星3を付けた人の感想

雰囲気やキャラクター、インテリアなどに加え、ストーリー展開も原作がとても上手くまとめられており、NANAの世界を十分感じられる映画だなぁ、と関心した。

Amazonプライムより引用

nanaの実写映画はひどい?星2を付けた人の感想

多分、ちゃんと原作を重んじてると思います。セリフもキャラも。ナナも奈々も我慢できた。レン…?さすがにやっさんだけはちゃんとヤスでいてほしかったです。

Amazonプライムより引用

nanaの実写映画はひどい?星1を付けた人の感想

漫画やアニメの総集編を、実写でやっただけ。これでは、監督はいらない。何故実写の醍醐味であるオリジナリティ―、アレンジが無いのか理解できない。

Amazonプライムより引用

nanaの実写映画がひどいと言われる理由

  • ひどいと言われる理由①:キャストの演技力不足
  • ひどいと言われる理由②:キャスティングミス
  • ひどいと言われる理由③:感情移入ができない
  • ひどいと言われる理由④:オリジナリティーが感じられない
  • ひどいと言われる理由⑤:衣装がまるでコスプレのよう
  • ひどいと言われる理由⑥:全体を通してテンポが悪い
  • ひどいと言われる理由⑦:リアリティがない

nanaがひどいと言われる理由は上記の7つです。

それぞれ解説していきます。

nanaの実写映画がひどいと言われる理由①:キャストの演技力不足

主人公の大崎ナナを演じた中島美嘉さんは、「ビジュアル的には決まっていた」「原作のまま」など、高い評価を得ていました。

しかしながら、本業は歌手であることもあり、中島美嘉さんの演技力に関しては「ひどすぎる」「滑舌が悪くて聞き取りにくい」というマイナスなコメントが多くを占めています。

また、演技やセリフ等を意識するばかり堅くなってしまい、「自然体ではなかった」「ありのままの中島美嘉で表現した方がまだ良かったのでは」などの意見もありました。

主人公なだけに、中島美嘉さんの演技力にはがっかり、残念という声は多く、ひどいという声へと繋がってしまったようです。

また、遠藤章司役を演じた平岡祐太さんの演技についても「セリフが棒読みすぎる」「演技が最悪」という声も多数ありました。

宮崎あおいさん演じる小松奈々役の彼氏というポジションであり、重要人物となるだけに、演技の下手さが目立ち、残念に感じる人も少なくはありませんでした。

nanaの実写映画がひどいと言われる理由②:キャスティングミス

原作漫画がヒットした作品なだけに、実写化には期待をする人が多くいました。

しかし、実際に映画を観てみると、「松田龍平も丸山智己も松山ケンイチも全く原作とは似ても似つかない」「中島美嘉が演じたあのナナはただの根暗で田舎者丸出し」などの辛口なコメントがありました。

nanaは、原作ファンが多いために厳しい声も多く、「原作通りに完成されたNANAが見たかった」とがっかりした人が多くいました。

違和感満載のキャストが真剣に演技したところで失笑もの…という声もあり、キャスティングミスだと感じた人は少なくはなかったようです。

nanaの実写映画がひどいと言われる理由③:感情移入ができない

原作漫画の設定を表現しつつも、表面をただ説明的になぞっているだけのように感じた人が多くいたようです。

登場人物たちの複雑な心境が丁寧に描かれていなかったことで、それぞれのキャラクターに感情移入ができず、「何も感動しなかった」「つまらなかった」というマイナスな声が多数見受けられました。

また、漫画だからこそのセリフの言い回しを、そのまま実写版でも言うシーンがあり、「寒い」「見ていてこっちが恥ずかしくなる」という意見も多数ありました。

現実的な言葉や仕草などにうまく改変されていれば、そこまでマイナスなコメントも上がらなかったかもしれません。

nanaの実写映画がひどいと言われる理由④:オリジナリティーが感じられない

実写版は、「原作漫画のダイジェスト」「漫画やアニメの総集編」だという声が非常に多く、実写化した必要性が感じられないという意見が多数見受けられます。

初見の人からすれば、全てが新鮮であり“こういうストーリーなんだ”と感じるものの、原作ファンにとっては、ストーリーは既に知っている通り。

そのため、実写版ならではのオリジナリティーに期待する人が多くいました。

しかし、漫画やアニメの内容を特にオリジナリティーやアレンジされることもなく、総集編のように制作された本作には「がっかりした」「これでは監督はいらない」という声もありました。

実写化の醍醐味であるオリジナリティーに期待していた人が多かっただけに、「これは意味がない」「ひどすぎる」というマイナスな声が絶えなかったようです。

nanaの実写映画がひどいと言われる理由⑤:衣装がまるでコスプレのよう

パンクバンドを結成している主人公ナナを中心に、ほとんどのキャラクターがいわゆるパンク系の派手な衣装を劇中で身につけています。

しかし、少し現実離れしたような衣装に「コスプレでしかない」と感じた人は多かったようです。

そのため、コスプレしているような不自然な登場人物たちに感情移入できない…と、残念な結果に繋がる原因となってしまいました。

また、「悩みや恋愛模様もどうでも良いと感じた」「衣装が気になって話が頭に入ってこない」という声もあり、不自然で違和感のある衣装に関して、ひどいという声は多く上がっていました。

nanaの実写映画がひどいと言われる理由⑥:全体を通してテンポが悪い

実写映画では、終始メリハリがあるわけではなく、ダラダラと日常生活を見せられているだけで、面白みに欠けるという声が見受けられます。

唯一の見せ場であるNANAのステージのシーンも、迫力はなく引き込まれなかったという声も。

恋愛やバンドにおける気持ちも中途半端に描かれているように感じる人は多く、話が薄っぺらい、テンポが悪くて飽きるなど、否定的な声が多くありました。

ライブなど、盛り上がるシーンが多々あるだけに、もう少し演出にこだわり、観客が引き込まれるようなものにして欲しかったと、残念に思う人は少なくはなかったようです。

nanaの実写映画がひどいと言われる理由⑦:リアリティがない

ライブハウスでの演奏シーンでは、初心者の集まり、迫力やリアリティが感じられず安っぽい、おままごとみたいなど役者が楽器に慣れていないような演技にがっかりした人が多くいました。

本作の見どころともいえるバンドの演奏シーンやライブシーンに期待する人も多かったため、「これはひどい」「もう少し練習をするべき」など否定的な声が上がる結果となってしまいました。

また、ライブシーンでは盛り上がり、迫力があるようなカメラワークや演出などの工夫もあまり感じられず、期待外れだと感じた人も少なくはなかったようです。

まとめ:nanaの実写映画はひどい

本記事ではnanaの実写映画がひどいと言われる理由について解説しました。

結論、ひどいと言われる理由は下記のとおり。

  • ひどいと言われる理由①:キャストの演技力不足
  • ひどいと言われる理由②:キャスティングミス
  • ひどいと言われる理由③:感情移入ができない
  • ひどいと言われる理由④:オリジナリティーが感じられない
  • ひどいと言われる理由⑤:衣装がまるでコスプレのよう
  • ひどいと言われる理由⑥:全体を通してテンポが悪い
  • ひどいと言われる理由⑦:リアリティがない
漫画がめちゃくちゃ安い!!

人気漫画も全部割引!!

割引対象作品

\70~90%OFFで漫画が買える/

残念ながら期間限定・・・

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次