攻殻機動隊(ゴーストインザシェル)の実写映画はひどい!総合評価まとめ

攻殻機動隊(ゴーストインザシェル)の実写映画はひどい!総合評価まとめ
漫画がめちゃくちゃ安い!!

6月は漫画超安い

割引対象作品

\70~90%OFFで漫画が買える/

残念ながら期間限定・・・

攻殻機動隊(ゴーストインザシェル)の実写はひどい!とよく言われていますが、実際のところはどうなのか?本記事では徹底的に評価していきます。

攻殻機動隊(ゴーストインザシェル)の実写版を見ようか悩んでいる人は必見です。

映画が無料!!

目次

攻殻機動隊(ゴーストインザシェル)の実写映画情報

~あらすじ~

少佐(スカーレット・ヨハンソン)は人工の体に人間の脳を持つ第1号の軍事工作員。ある事件をきっかけに、自分を造り出した企業に嘘の過去を植えつけられていたことを知った彼女は事件の真相と自分の過去を解き明かすために突き進んでいく。

「Amazonプライムより引用」
原作士郎正宗
監督ルパート・サンダース
脚本ジェイミー・モス、ウィリアム・ウィーラー、アーレン・クルーガー
主題歌「Enjoy The Silence」Ki:Theory
キャラクターキャスト
ミラ・キリアン少佐/草薙素子スカーレット・ヨハンソン
バトー軍曹ピルー・アスベック
トグサ中尉チン・ハン
荒巻大輔大佐ビートたけし
クゼマイケル・カルメン・ピット
イシカワラザルス・ラトゥーエル
サイトー泉原豊
ボーマタワンダ・マニーモ
ラドリヤダヌーシャ・サマル
オウレイ博士ジュリエット・ビノシュ
カッターピーター・フェルディナンド
ハイリ(素子の母親)桃井かおり
リーダニエル・ヘンシャル
ダーリン博士アナマリア・マリンカ
オズモンド博士マイケル・ウィンコット
大統領クリス・オビ
トニーピート・テオ
ダイヤモンドカイ・ファン・リエック
リアアジョワ・アボアー
モトコ(草薙素子)山本香織
クゼ・ヒデオアンドリュー・モリス
芸者ロボット福島リラ
「攻殻機動隊」が無料!!

攻殻機動隊(ゴーストインザシェル)の実写映画はひどい?総合評価

攻殻機動隊(ゴーストインザシェル)の実写映画はひどい?総合評価

Amazonプライムの攻殻機動隊(ゴーストインザシェル)実写評価は、1,880件のグローバルレーティングで星3.6でした。

細かい内訳は下記のとおりで、星5つがもっとも多い結果となっています。

星5つ34%
星4つ25%
星3つ20%
星2つ10%
星1つ12%

また、星4つ以上が59%で星3つ以下は42%であることから、攻殻機動隊(ゴーストインザシェル)の実写映画は高評価であると言えるでしょう。

尚、攻殻機動隊(ゴーストインザシェル)の実写版を実際に視聴した人の感想を、評価ごとで下記にまとめます。

攻殻機動隊(ゴーストインザシェル)の実写映画はひどい?星5を付けた人の感想

主役、スカーレット・ヨハンソンの「少佐」へのなりきりぶりが一番のポイント。ワイヤーを含むアクションシーンのほとんどを本人が演じてるだけあって、嘘くささが全くありません。

Amazonプライムより引用

攻殻機動隊(ゴーストインザシェル)の実写映画はひどい?星4を付けた人の感想

本来の世界観の深みや哲学的・芸術的な域までは感じられませんでしたが、SFエンタテインメント作品としては高水準に楽しめると思います。金のかかった贅沢な娯楽映画という感じです。

Amazonプライムより引用

攻殻機動隊(ゴーストインザシェル)の実写映画はひどい?星3を付けた人の感想

全体的に原作やアニメを見ていた人が楽しめる部分がちょこちょこあり、鑑賞に耐えると思えます。とくにゴミ回収業者の下りはテンポも絵面も良く、横切るヘリを見上げ、走っているのを俯瞰でとらえ、なぜだか侘しく感じる広い空と水面につながる所に「攻殻機動隊らしさ」を感じます。

Amazonプライムより引用

攻殻機動隊(ゴーストインザシェル)の実写映画はひどい?星2を付けた人の感想

ストーリーも脚色も映像も良かったと思いますが総体的に少佐もバドーも荒牧もミスキャストと思いました。

Amazonプライムより引用

攻殻機動隊(ゴーストインザシェル)の実写映画はひどい?星1を付けた人の感想

序盤の戦闘シーンもこれ本当に映画?ってくらい迫力不足で躍動感なく、CG無しの舞台を見ている感覚だった。芸者ロボットの元になったアニメのハダリ?には対峙した時の恐怖感が有ったがこの作品ではただ悪趣味なオモチャに成り下がっていた。滑稽。あと北野武は役に合わない。

Amazonプライムより引用

攻殻機動隊(ゴーストインザシェル)の実写映画がひどいと言われる理由

  • ひどいと言われる理由①:戦闘シーンの迫力がない
  • ひどいと言われる理由②:キャスティングミス
  • ひどいと言われる理由③:原作リスペクトが感じられない
  • ひどいと言われる理由④:少佐が弱すぎる
  • ひどいと言われる理由⑤:トグサ中尉の出番が少ない

攻殻機動隊(ゴーストインザシェル)がひどいと言われる理由は上記の5つです。

それぞれ解説していきます。

攻殻機動隊(ゴーストインザシェル)の実写映画がひどいと言われる理由①:戦闘シーンの迫力がない

攻殻機動隊(ゴーストインザシェル)の見せ場とも言える戦闘シーンが、あまりにも迫力がない、躍動感が感じられないなど「本当に映画?」と感じてしまうほどひどいと言う声が上がっています。

俳優陣の動きにキレがなく、さらにCGも安っぽい仕上がりになっていることから、「滑稽」「駄作」と言う厳しい声も多くありました。

アクションが地味であることから、最後まで観るのが辛かったと言う意見もあり、迫力がない戦闘シーンにはがっかりした人も多い傾向にあったようです。

中でも、スカーレット・ヨハンソンのアクションシーンにはがっかりした人も多く、「走り方もひどい」「運動神経が悪いのがバレバレ」などといった声もありました。

攻殻機動隊(ゴーストインザシェル)の実写映画がひどいと言われる理由②:キャスティングミス

攻殻機動隊(ゴーストインザシェル)は架空の都市を舞台の中心にしています。

英語を話す外人のキャストたちが演じている中で、ビートたけしさんのキャスティングには違和感を感じる人が多くいました。

桃井かおりさんも出演しているものの、英語を話していることから「まだ許せる」と言う声がある一方で、ビートたけしさんは映画の中でも日本語を話しています。

映画の世界観に合っていないことや、一人だけなぜ日本語なのか、日本語でもGOサインを出した監督に対する疑問や、拭えない違和感などが視聴者にとっては「ひどい」と言う声となってしまったようです。

また、ビートたけしさんが日本語で話すセリフも、「棒読み」「演技がひどい」と言う声は多く、ビートたけしさんの演技やキャスティングには批判的な声が多く見受けられました。

さらに、ミラ・キリアン少佐/草薙素子役を演じたスカーレット・ヨハンソンのキャスティングに対してもマイナスな声が多数あります。

「相撲取りみたい」「寸胴で脚も短い」「誰って感じ」など、原作とは大きく異なるビジュアルに、批判的な声が多く上がってしまいました。

攻殻機動隊(ゴーストインザシェル)の実写映画がひどいと言われる理由③:原作リスペクトが感じられない

「原作の名シーンばかりを寄せ集めて1つの映像にしただけ」と、中身の薄っぺらさに残念に思う人が多くいたようです。

攻殻機動隊(ゴーストインザシェル)の持っている世界観やシンパシー、唯一無二なデザインなどが伝わってこず、やはり実写化することは不可能だと思い知らせたと言う声もありました。

キャラクター設定の変更や内容の改悪は、原作ファンにとっては許しがたいものとなり、「実写化しないで欲しかった」と言う意見も多数見られました。

攻殻機動隊(ゴーストインザシェル)の実写映画がひどいと言われる理由④:少佐が弱すぎる

原作のミラ・キリアン少佐/草薙素子は、脳と脊髄の一部を除く全身を義体化したサイボーグの女性として描かれています。

世界屈指の義体使いであることから、事件解決のためなら非合法な手段を使うことも躊躇せず、どんな相手でもゴーストハックを仕掛けたり、枝(電脳への侵入経路)を付けたりもする「公安9課」の実質的なリーダーです。

しかし、実写版のミラ・キリアン少佐/草薙素子は敵が現れると殴る蹴るなどの力技で応戦をするシーンがありました。

相手の電脳に入り込むシーンも少なく、ハッカーとしての凄腕感はほとんどありません。

また、原作のミラ・キリアン少佐/草薙素子の年齢は公表されていないものの、20代以上である印象がありますが、実写版で演じたのは10代の女の子。

公安9課のリーダーには見えないような幼い姿に、「弱そう」と言う声は絶えませんでした。

さらに、ミラ・キリアン少佐/草薙素子が攻撃をされる際には、毎回のように電流が流されて攻撃を受けており、「またやられてる」「阻止方法を考えるべき」などといった意見も多く見られました。

原作での完全無欠のクールであるミラ・キリアン少佐/草薙素子の姿が完全になくなってしまっていることに、「これはひどい」と言う声が多く上がってしまったようです。

攻殻機動隊(ゴーストインザシェル)の実写映画がひどいと言われる理由⑤:トグサ中尉の出番が少ない

トグサ中尉は攻殻機動隊(ゴーストインザシェル)のストーリーの中でもキーマンの一人となる重要人物です。

それなのにも関わらず、実写版ではトグサ中尉の出番があまりなく、印象に残っているシーンといえばミラ・キリアン少佐/草薙素子が必死に戦っている最中に呑気にラーメンを食べているシーン。

襲ってくる敵を返り討ちしたものの、その他に目立つようなシーンがなく、トグサ中尉に対して何のリスペクトも感じられない…と不満に感じる人は少なくはなかったようです。

アニメ版との大きな違いに戸惑う人も多く、トグサ中尉のファンからは批判的な声が鳴り止みませんでした。

まとめ:攻殻機動隊(ゴーストインザシェル)の実写映画はひどい

本記事では攻殻機動隊(ゴーストインザシェル)の実写映画がひどいと言われる理由について解説しました。

結論、ひどいと言われる理由は下記のとおり。

  • ひどいと言われる理由①:戦闘シーンの迫力がない
  • ひどいと言われる理由②:キャスティングミス
  • ひどいと言われる理由③:原作リスペクトが感じられない
  • ひどいと言われる理由④:少佐が弱すぎる
  • ひどいと言われる理由⑤:トグサ中尉の出番が少ない
漫画がめちゃくちゃ安い!!

6月は漫画超安い

割引対象作品

\70~90%OFFで漫画が買える/

残念ながら期間限定・・・

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次